2008年05月29日

第7回目 横浜情報収集のまとめとふりかえり

最初の3分間Ozawaken。その後小テスト5分間。
小テストは新入生テストと同様Excelファイルを個人フォルダに配布する。ただし、今回は問題文もExcelファイルに書いてあります。基本的に選択(入力規則の「リスト」で作成)一部は文字列で入力します。内容は前回の情報の収集と検索について。

みんな真剣に取り組んでいました。

【注】前回の6回目に小テストをやったような記述をしていましたが7回目の勘違いでしたのでこちらに同じ記述をして、前回の日記からは削除しました。

さて、前回横浜遠足の自由行動の場所をインターネット検索で色々調べ、IEのお気に入りとメールの送信箱に保存しました。今回はその情報をもう少し検索した後、取捨選択をしてワークシートにまとめます。ワークシートは画像のようなものです。
お薦めスポット情報


Wordファイルで作成し、各生徒のマイドキュメントにバッチファイルで配布します。ワークシートには、

  1. クラス・番号・氏名

  2. スポットの名称

  3. 所在地・交通アクセス

  4. 入場料・営業時間・休館日等の情報

  5. アピールポイント

  6. 比較検討したスポットリスト

  7. 参照サイトのURLリスト

という項目があります。
・複数のスポットの比較
・同じスポットでも複数のサイト情報の比較
を強調します。

Wordの表を使っているのですが、各行は1行分の幅になっているのでぺちゃんこです。内容を貼り付けると広がり、1ページをはみ出すようならばどこか内容を削除することを注文づけます。
サイトから情報をコピーし、「形式を選択して貼り付け」の「テキスト形式」でコピーすることを強調します。このワークシートが完成したら上書き保存して印刷します(持ち帰り用)。早く終わった生徒は2カ所目をやります。再検索の時間とワークシート作成合わせて30分かけます。

最後10分間でメールによる振り返りを行います。
以下の質問に対する答えをメールに書く
Q1.「メタ情報」について
  「お勧めスポット」を決定するまでに、何カ所のスポットに関する情報を見ましたか?
  具体的なスポット名を箇条書きにしてください。
Q2.「複数サイト」について
  印刷した「お勧めスポット」に関するサイトで、比較した具体的な内容を書いてください。
ex.休館日が間違っていないか、2箇所のサイトで確認
  公式サイト以外のサイトで「評判」を調べた・・・など

これを送信して終了です。印刷したシートは班ごとの話し合いの資料にしてもらいます。
posted by n_shimizu at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

2008年05月11日

このブログのミラーサイト

先日まるまる一日以上、さくらのブログのシステム故障で編集はおろかこのサイトの閲覧すらできない状況がありました。

実は、書いている自分自身、このブログを資料として良く「利用」しています。なにせ色々な記録がたくさん書いてありまして、「あれ?あの時どういうふうにやったんだっけ?」とか、「あの時期何をやっていたのかなあ」というものはみんな分かります。その自分がアクセスできないというはかなり困りものでした。

データとしてバックアップを取っておくことも大切ですが、オンラインで読めるという利点にも対応するには二重化するのはどうだろうかということで、ミラーサイトを作ってみました。

@WORD(http://atword.jp/)上に作りました。その名も「情報科雑感ミラーサイト」(まんまだ!)

http://www3.atword.jp/sumidagawa2/

です。クリックしていただければ分かりますが、先月までのすべてがそっくりそのまま再現されています(デザインは違いますが)。さくらのブログのエクスポート機能が「すべて」か「各月ごと」しかないので、先月までになりました。

実際の作業としては、復活したさくらのブログからMT形式(Movable Type形式)でエクスポート、@WORD 側でインポートとするだけです。あ、文字コードは UTF-8 で統一しなければなりません。楽ちんでした。

@WORD の良いところは無料なのに広告がないこと、中身は WordPress というかなりスタンダードなもの。あ、メールアドレスさえ変えれば複数アカウント取得もOKらしいです(「一人で複数個レンタルできますか?」)。

有限会社アットフリークスというところは「@WIKI」とか、「@PNE」とか、「@CMS(PukiWiki, PukiWiki plus!, xoops, ppBlog等を選ぶ)」などを提供しているところでなかなか面白い会社です。

いくらエクスポート、インポートが楽だとはいえ、同期させていくのは面倒かも知れませんし、今回のような滅多にない事態に備える労力として妥当なものなのか分かりません。ちょっと試しに、というぐらいのつもりです。
posted by n_shimizu at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

第6回目 情報の収集と検索実習(横浜お薦めスポット)

今回は、前回の情報の収集と検索の実習。

最初に、Ozawaken を3分練習して、実習です。

実習は前回行った情報の収集と検索の知識を実際に使い、6月の遠足に備え、班行動の見学スポットの下調べを情報の授業で行うというもの。班での話し合いの材料として、自分のお薦めスポットを一つまとめておこう!というテーマです。
クラスによっては班が決定していたりしていなかったり、というところ。担任団とも調整し、下調べのお手伝いを情報の授業で行うことは打ち合わせ済みです。


2年生の遠足場所は「横浜」

朝、桜木町駅に集合。途中指定の2カ所のどちらかを中継して横浜スタジアムが終点。間は班ごとの自由行動になっています。

ビッグ6モデルに基づき、情報の収集を確認。以下授業で見せたスライドの項目です。

○情報収集のステップ
・Step1:課題の設定
  横浜遠足で行く場所の情報収集→これはもう決定済み
・Step2:情報探索戦略
  どんなスポットがあるか調べる(メタ情報)
  気になるスポットの個別情報収集)
・Step3:情報源に当たる
  メタ情報→「観光ガイド」のようなサイト
  個別情報→リンクをたどる
      →キーワード検索
  複数の情報源に当たる
・Step4:情報の獲得
  情報を保存する(お気に入りとメール・後述)
 Step5:情報の統合(次回)
 Step6:プロセスと結果の評価(次回)

○作業手順
 作業報告用のメールを作成
 web検索



今回は、ウェブにより検索し、お気に入りに登録。また同時にメールにURLを貼り付ける。メールの送信は次回にして保存のみ。この作業はちょっと手数が多いので、最初の一回はこちらの操作をなぞってもらうように指示しました。具体的には、

先生宛作業報告送信用メールを用意
取っておくべきページを表示

とした後、
  1. 「お気に入り」→「お気に入りに追加」→「フォルダ」→「新規フォルダ」

  2. フォルダ名を「横浜」として「OK」

  3. 名前(ページ名)をドラッグして選択、右クリック→「コピー」

  4. 「追加」ボタンで横浜フォルダ内に追加

  5. タスクバーよりメール編集画面に切り替え

  6. 本文で右クリック→「貼り付け」でページ名を貼り付け

  7. 再びブラウザに切り替えアドレス欄で右クリック→「コピー」でURLをコピー

  8. メール編集画面に切り替え、右クリック→「貼り付け」でURLを貼り付け

この一連の動作で、

・お気に入りの横浜フォルダの中に追加
・メール本文にページ名とURLを追加

という二つを行います。気になるメタ情報やスポットのサイトを見つけるごとに行えば
情報が蓄積されるはずです。

次回、Wordで作ったワークシートに1スポット1枚の紙にまとめて印刷して持ち帰り、班での話し合いに使ってもらいます。

また、遠足から帰ってきたら校内webに観光スポット案内サイトとしてまとめるので、行ったら写真とか撮ってきてもらいますよと宣言。

わーわー言いながら検索していました。

今回のメールは送信せず、「送信箱に保存」にします。次回にプロセスの振り返りと共に送信してもらいます。


【訂正】最初小テストをやったような記述をしていましたが7回目の勘違いでしたので削除しました。
posted by n_shimizu at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

2008年05月09日

Ghost流し込み中

この日は授業がポコンとなかったので懸案だった作業をやることにしました。

IT教育普及支援校時代に警視庁リース明けノートパソコンをかなりの台数「所属替え」(東京都の中で)でいただきました。3年前に、5年間のリースを終えたマシンですから2000年頃のPCです。どれだけ古いか分かると思います。PenIII750MHz、メモリ128MBのPCです。しかし、これでも学校という場所では貴重なマシンなのです。

本校では一昨年授業で使っていました。この辺は2006年4月頃の記事とかその前の3月頃を見ると良く分かります。自分で見ていても涙ぐましい努力です(笑)。

さて、もう情報で学年が被ることはありませんので、本来の教員用PCにしていいわけです。しかし、先生方に配布するためには、一度中身をクリアしなければなりません。が、いちいちHDDをフォーマット、新規インストールをしていたのでは大変です。そこで登場するのは以前も使った Symantec Ghost です。1台の元となるPCを作り込んでそのイメージを吸い出し、LANで接続した複数のPCに書き戻すという優れもののソフトウェアです。ライセンス的にすべて買ってありますので問題はありません。全てのPCが同機種であるということが前提です。

4月の始めの頃に、集中してイメージ吸い取り用PCの作り込み(Windows Update の適用やいらないソフトウェアの削除、必要なソフトウェアのインストール、その他余計なデータ削除などさまざま)を行い、イメージ作成までは行っていました。

しかし学期が始まってしまうとやはりいろいろ忙しく、集中的な時間を取るというのはなかなか時間が取れません。こういうときに一気にやらないと夏休みになってしまいます。

以前授業で使っていた関係でLL教室には手製のネットワークがまだ残っていますのでLL教室で作業を行います。この日英語の授業がないことは確認済みです。そこで出勤してさあやろうと思ったら3時間目のLL教室の予約に「世界史」と書いてありました。ビデオを見せるのだそうで……。

他の仕事を片付けて4時間目からスタートすることにしました。


さて、PCを並べてみると、電源が入る場所と入らない場所があります。コンセントの接続をLL装置のメンテナンスの折に外してあるようです。こちらが勝手に繋いでいるので仕方がないですが、40カ所のうち半分ほど使えませんでした。
2008ゴースト02

イメージの流し込みは専用のFDで起動して、セッションを認識させるのですが、この辺は以前の記事をご覧下さい(「Symantec Ghost を使いました」)。やはり t_fukuhara 先生の同じ記事が大変役に立ちました。

FD起動ができず、CMOSエラーになるPCが4台!結局18台のイメージ流し込みを開始できました。
2008ゴースト01

さて、ゴースト流し込み中にお昼休みになりご飯でも食べようかなと思っていたら、生徒がやってきました!なんとここで委員会の予定だったとか。たびたび未確認な自分があきれてしまいます。

「パソコンとかケーブルとか、ぜっったいに触らないでね!」と生徒に言い聞かせ、顧問の先生にもこのままでいいですか、とお願いしました。

昼休みが終わってみてみるとすべてのPCが完了。再起動すると……再起動しないPCが12台以上?!取りあえず、電源をブチンと切ってからもう一度再起動すると……すべて起動しました。データとPCの若干の構成の違いがこんなことになるのかも知れません。

さて、起動すると「ネットワーク上に同じコンピュータ名がありますす」というメッセージが出ます。イメージを吸い出したPCと同じ名前になるので当然です。そこで一台ずつPC名を変更、吸い出したときよりウィルスパターンが進んでいるのでそれをダウンロードしたところで、ちょうど6時間目終了しました。

一応、先生方に配れるPCが18台できました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2008年05月08日

第5回目 情報の収集と検索

始めに、タイピングソフト Ozawaken 練習時間 3分。これから、しばらくは毎回の授業最初3分間をタイピング練習に当てる予定。

最初の授業で伝えた評価基準をもう一度確認(クラスによってちゃんと話せなかったので)。
今日の内容は約一週間後小テストを行うことを宣言。GWを前後するので、必ずしも一週間後とはならないですけど。

○情報の収集
・ビッグ6モデル紹介

  1. 課題の設定

  2. 情報探索戦略

  3. 情報源に当たる

  4. 情報の獲得

  5. 情報の統合

  6. プロセスと結果の評価

教科書とはちょっと文言を変えました。この辺は訳語の違いでもありますが、この方がしっくりくるのです。
○情報源(ステップ2・戦略)
・直接人に聞く、マスメディア、書籍・資料、インターネット
○Web検索(ステップ3、4)
・“戦略”の一つとして
・結果をイメージする
・信頼度について
・「正解」はない
○検索エンジン
・ロボット型、ディレクトリ型、その他
○キーワード検索
○その他の検索
・イメージ検索
・地図検索
・ページ内検索



実習としては「墨田川高校」や「隅田川高校」、「墨田川高校 OR 隅田川高校」、「隅田川高校 -野ブタ」などでの検索結果の違いを試す。

AND検索、OR検索、NOT検索を教科書のベン図を見ながら解説。

Yahoo! のカテゴリー一覧(トップから追い出されたページ)を使ってキーボードを使わずに墨田川高校のトップページにたどり着いてごらん、とやらせてみる。これによって「キーワードが思いつかない様な検索」や「周辺情報も一緒に知りたい検索」、「情報の情報(メタ情報)としての検索」にはカテゴリー検索(ディレクトリ型の検索)が有効であることを説明。


その他イメージ検索や地図検索、ページ内検索などをこちらでやって見せて紹介。

次回、実際に今度の遠足をテーマに検索を実施することを予告して終了。
posted by n_shimizu at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

2008年05月05日

第4回目 神奈川新入生テスト

昨年に引き続き、中学校段階での定着度を測るため神奈川県の情報部会で作成された新入生テストを実施。

問題はA4で10枚あるんですね。A3裏表3枚を畳んで冊子にしました。

解答はExcelファイルです。小原さんのバッチファイルを活用させていただいています。さまさまです。

趣旨説明、解答方法、問題配布して開始までに約10分。

30分で解答、ファイルの回収と問題用紙の回収した後、残った8分ぐらいは Ozawaken でタッチタイピングでおしまい。

なんとなくな、やった感触としては常識的にある程度知っているけど中学校の技術の時間でやった記憶は余りないという感じでしょうか。まだ採点、集計はしていないので平均点とうはちょっと分かりません。

問題をざっと見たところ、昨年度本校の授業を受けた後ならちゃんと身に付いていれば100点までいかなくても90点は取れる内容。つまり押さえるべきところはちゃんと押さえられていて、うちもまんべんなく授業をやっていたことが分かりました。

さて、どんな結果になったでしょうか。
posted by n_shimizu at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

ホワイトプランで損?

All About は時々見ています。なかなかためになる記事が載っている。

「ホワイトプランで損をしていませんか?」
http://allabout.co.jp/computer/telecomfees/closeup/CU20080430B/

要約すると、ホワイトプランはソフトバンク同士、安い時間帯は確かに得だが、他社宛や有料時間帯の通話料金は、割高になる。Wホワイト(980円)を契約して初めて他社と同レベルになる。

その分岐点は純粋な通話料金が月47分(1974円)以上かかるかどうか。

ということらしい。ある月だけ特別に飛び出ても結構損になるから、47分近辺までいく人ならば Wホワイトをやっていた方が良いということになる。

で、自分は Wホワイト、妻は未加入。となっている。やはり妻は家電から掛けることが多いので、余り携帯から発信することがない。という考えだがどうだろうか。

判断が難しいところである。
posted by n_shimizu at 13:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記2