2008年10月28日

杉の木に付く水滴

杉の木に付く水滴2.jpg先週の木曜日都内のO高校にお邪魔したら土砂降りの雨。

窓の外の杉の木のとがった葉先に付いた水滴がきれいでした。

携帯で撮影、携帯でトリミングしてアップロードなのでどこまで見えるかわかりませんが……。
posted by n_shimizu at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2008年10月27日

第35回 KJ法的発想法2

第34回 KJ法的発想法1に続き2回目。予定ではこの時間途中に終わり発表でしたが、ブログが使えないことになったので、時間いっぱいKJに変更しました。

持ち物としては前回のものすべて+色ペンいっぱい

この色ペンは図解化するときに使います。

最初に相棒が解説、および前回気がついたことや注意点などを話します。
その間私は前の授業の写真画像の miniSD への移動などを行います。

以下講義スライド
○実習 〔KJ法的発想法2〕
・ステップ1:小グループを作る
 * 内容が似ているもの、関連が深いものをまとめる
 * ムリに集めない(単独の付せんが残っても良い)
・ステップ2:ラベルを付ける
 * グループの内容を一言で表す
・ステップ3:大グループを作る
 * 小グループ同士をまとめていく

○実習 〔KJ法的発想法3〕
・グループ同士の関係を図解化する
・○(囲み)と矢印・・・グループと関係性
・「図的な表現のいろいろ」(教科書p.85)
・A3用紙1枚にまとめる



記録係に前に来てもらいW-ZERO3 を配布します。

各班に前の授業のやりかけを配り開始。
前回の頭に戻るまで時間がかかります。2時間連続の授業ではないところが辛いですね。

開始25分頃
様子を見て再び説明します。

・グループ分けは机全部使ってかまわない(A3の用紙の中でやろうとしている班がいた)
・最後のまとめは付箋紙を貼るのではなくキーワードを手書きにする

開始30分頃(グループ分けが見えてきたら)
新しいA3の本番用紙とこちらで用意した色ペンを取りに来るように指示を出す。
グループ全体を図解していく。

図解はKJに使った付箋紙は捨てて、グループに付けたラベルで行い、重要なキーワードをいくつかだけ入れる。つまり仕上げはA3全体を手書きで仕上げる。
教室でKJ

つぎの注意をする
・本番用紙に付箋の紙の言葉が全部入っている必要はない。
・全く関係ないグループなどはばっさり捨てるのもあり。
・キーワードについても的はずれなものなどは捨てても良い。

チャイムが鳴ったころ図解のラフなデザインの状態か、大グループにまとまり全体の構造を作っている状態。

みんなとても一生懸命にやっています。しかし、こちらが思った以上に時間がかかります。昨年度は2時間連続の授業でしたので、切れ目がない分もう少し進んだのですね。

定期考査を挟み次回も仕上げにもう少しだけ時間を取ることにしました。定期考査後は進路指導週間(面接週間)として短縮授業です。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 授業2008

またまたまた更に出張

O高校へ。今日で決着付くかなぁ〜。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | IT支援校

2008年10月26日

さくらのブログの制限で失敗!

KJ法的発想法の授業で、授業内にメール送信してブログに投稿、そのブログのカテゴリ分けを班に割り当て、カテゴリ表示により課程を表示させる……という計画でした

しかし、失敗しました!

前回の授業のあとサイトを確認すると、最初の2,3ぐらいだけアップされて、残りは一つもアップされていませんでした。さくらインターネットに状況を書いたメールを送ると次のような返事をもらいました。
同一ブログでは30分に10件以上、同一アカウントで1日に50件以上のメール投稿に対して、制限を行っております。

つまり授業時間内に送って良いメールは一班に一通、そしてそれを5クラスやったら限界になってしまいます。テスト段階ではそれほど負荷に弱いことは分かりませんでした。

それ以上に問題なのは制限がかかった後に送信されたメールはそのまま削除されて残っていないということです。そして W-ZERO3 のメールは送信済みのメールを再送信するのは一筋縄ではいかないのです。

例え最初のクラスの送信分を復活させることができたとしても、2時間目も再び同じ事が起きます。また無事に送られたとしても、一時間内で一通では話になりません。

そこでブログを使うのは諦め、撮った写真のみで発表してもらうことにしました。また画像に書き込みをするのはやはり難易度が高く、これも止めることにしました。そうなると W-ZERO3 でのアドバンテージがなくなり、ただのデジカメと化してしまうのですが、仕方がありません。

KJ法的発想法としての授業自体がダメになったわけではなく、発表の手段が変わっただけなので生徒にとってはダメージはないのですが。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 授業2008

2008年10月25日

FSWiki研修会終了です

都高情研研究研修部の皆様方、相棒の先生、いろいろありがとうございました。

どうも用意していたものがボリュームありすぎたみたいです。

いろいろ反省点があります。

分かっている方にはどんどん先に行くようにはできなかったのだろうか?
初めて Wiki に触れた方に本当に、Wiki の良さや魅力を伝えられたのだろうか?
授業での活用事例、サイトの紹介などをもっとうまく入れることはできなかっただろうか?
余計なおしゃべりが多かったのではないだろうか?

また、構成として

始めは全員が一つの wiki でページを作り、
後半で各人一つ一つの独立した wiki(実は Farm) をいじりたおす。(計画では最後にインストールして設定までを各人で触ってみる)

という流れはどうだったのだろうか。特に最初の wiki と各人の wiki の違いで混乱させたのではないだろうか?

らくらくwiki表は実は「テーブルにカラム属性指定を追加するプラグイン(BugTrack-plugin/162)」にも対応していてとても便利なものなのですが、紹介の仕方がスマートではなかったなぁとか。

このような機会を設けていただきありがとうございました。自分自身が実は一番勉強になったんですよね。また別のチャンスがあればリベンジしたいところです(またやらせてもらえれば、ですが)。

一応プレッシャーからは解放されてホッとしました(笑)。
posted by n_shimizu at 23:07| Comment(3) | TrackBack(2) | 都高情研

2008年10月24日

第34回 KJ法的発想法1

以前に書きましたが、いよいよKJ法的発想法の授業1回目です。

パソコン室ではなく普通教室で行います。

あるプロジェクトに参加していることからさまざまな機器をお借りしています。そこで、教室まで、

W-ZERO3 × 10台
プロジェクタ
ノートパソコン
スクリーン

を相棒と二人でえっちらおっちら運びます。来年度からは東京都のICT機器導入によりこの辺はずいぶん楽になるでしょうね。

また作業用に、
キーワードプリント
付箋紙たくさん
A3の白い紙10枚

なども持って行きます。4時間連続で異なるクラスの授業などではこれらすべてを次の教室まで持って行きます。かなり大がかりです。

授業の流れは以下ような形です。

休み時間中に教室に入りセッティング開始
教卓を横にして少し生徒の中へ
プロジェクタ、ノートパソコンをコンセントに刺して電源ON
起動している間に接続
スクリーン設置
起動後授業用スライドを開いておく

チャイムで開始

授業の目的・KJ法についての説明等講義(20分)

講義用のスライド内容は以下

○情報の創造と表現(p.84)
・発想法・・・自分の頭の中から情報収集
・発散と収束
・考えをふくらませる
 * ブレインストーミング など
・広げた考えをまとめる
 * KJ法 など
・広げながら整理する
 * マインドマップ など

○KJ法(p.93)
・情報を構造化する発想法
・カードなどに書かれた情報をグループ化
 * 「分類」ではない点に注意
・グループ同士の関係性を整理
・図解など視覚化して構造を把握する
・川喜田次郎氏が考案
 * (イニシャルから命名)

○実習 〔KJ法的発想法1〕
・沖縄のキーワードで実習
・班ごとに発表(製作過程も含む)
・準備1:4人で1班
 * そのうち1名は記録係(作業には参加してもよい)
 * 記録係は発表係りを兼ねる
・準備2:付箋の作成
 * プリントのキーワードを付箋に書き込む
 * 記録係は機器の使用方法説明


ここで班を決める。座席の近い4人を一班とする10班を決定。1班〜10班と名前を付ける。

班の中から一人、話し合って記録兼発表係を決める。機械の操作がある程度でき、人前に立つことを厭わない人がいいとアドバイス。その間各班に沖縄キーワードの紙と付箋紙を配布(5分)

この沖縄キーワードというのは修学旅行に行く沖縄に対して、「沖縄といえば?」というテーマでのブレインストーミングを行ったもので、クラス毎にことなる語群になっています。約100語ほど並んでいます。

記録兼発表係が決まったら教室前に出てもらい、W-ZERO3 を一台ずつ渡します。5分ほど起動、スタイラスペンの扱い、カメラ撮影、写真の上に書き込む方法、メールで添付ファイルにしてブログへの送信方法を説明する。

その間残りのメンバーは付箋紙一枚にキーワード一つを写します。この手作業をしながらどんなキーワードか頭に入れてもらいます。

記録係は班の作業風景や作業過程を写真に撮り、写真に書き込みをし、メール添付で発表用ブログに送信します。

ここでA3の紙を班に1枚渡します。表紙には「5班」などという班名があり、「班のメンバーの出席番号と名前を書いてください」といって記録係に渡し書いてもらいます。

大体キーワードを写し終わり、集め始めた辺りで再び注意をします。

「キーワードを分類している班がいるけど違います。分類するのではなく、似たものを集めていくのです。分類したら全部の班が同じになってしまう。これらのキーワードから班のメンバーが沖縄をどう捕らえているのかを明らかにしていくのがKJ法的発想法なのですから。また、これらからグループにラベルを付けて、それをさらに大グループにして、最終的には図解にします」

少し集めてグループができたあたりで時間が終わり。
A3の左にグループにしていない付箋、右にグループにしているもののように貼り付けて内側に折っていったん回収。

また W-ZERO3 も回収したころ授業終了のチャイム。

一人が片付けしている間に、もう一人が W-ZERO3 内の撮った写真を miniSD 内に作ったこのクラスのフォルダに移動しておきます。これは次の授業で別のクラスが使って混ざらないように。

作業途中にクラス移動。次のクラスでも作業を続け、10台の W-ZERO3 の写真を miniSD に移動し終わるのは授業開始して講義が少し始まるまでかかります。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(3) | 授業2008

2008年10月23日

第33回 テーマを設定する

今年は昨年のような総合実習形態は取らないのですが、2年の総合的な学習と密接に関わりながら授業を進めています。総合実習の大テーマは「進路研究」となっています。後期全体を通し自分の進路と関係する各自のテーマで研究を進め最後に発表します。そこで、「テーマ設定」をするにはどうするかということを情報の授業として取り上げ、その出だしだけお手伝いをすることにします。

以前に行ったマインドマップはまさしく自分の進路として広げたものでした。そこでそれを使って行くことにします。

講義の途中にメールソフトを起動して、新規メール・タイトル「テーマ設定」とします。講義中でも、思いついたらどんどんメモをしても良いことを言います。

以下講義スライド

○テーマ設定
・テーマのジャンル・キーワード
 * マインドマップから選択
・メッセージを見つける
 * 伝えたいこと
 * ピントを絞る
 * 実体験を元に
○いつ思いつくかわからない
・常に考え続ける
 * ニュートンのリンゴ
・すぐに忘れる
・メモを取る
 * 携帯のメール
 * ボイスメモ
 * ノートの端
○仮説と検証
・仮説とは
○仮説の立て方
・セオリーはない! が…
 * 例えば
・対立概念
 * 善悪・正邪・高い低い・自然と人工・犬と猫・過去と未来・地域差・etc.
・2つが1つ
 * ○○と□□は同じ
・1つが2つ
 * 良い○○と悪い○○がある

以下おおよその時間

○Ozawaken(5分)
○総合「個人研究」のテーマ決め方について(3分)
○マインドマップ返却(6分)
○テーマ設定解説(5分)
・ある程度絞った方がいいが、細かすぎると書きにくい。
・マインドマップの真ん中から出た一つの枝ぐらいがよい。
・何を伝えるのか。「メッセージを見つける」
○メール起動しジャンルまたはキーワードをメールに(5分)
・「ジャンル」として一つか二つ。マインドマップに無いものでも良し。
 * 「進路」というだけでは広すぎる
 * 「進路選択」とするだけでも絞れる
○いつ思いつくかわからない(5分)
 * こちらの話の途中でも思いついたらメールに書き込む
○仮説と検証(10分)
・仮説の立て方
 * 今回は「地域差」という対立概念が立てやすいか。
 * 2つが1つ
 * 1つが2つ
○メールを送信して終了

振り返りたければ送信済みボックスを見れば良いことを伝えておきます。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

出張

出張が続きます。O高校へ。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | IT支援校

2008年10月22日

FreeStyleWiki 研修やります!

FreeStyle Wikiを用いて、wikiとはなんぞやというところから、使い方、活用法、維持管理などを3時間かけてやります。

今週金曜日です!

http://tokojoken.jp/kensyu/081024.html

都高情研の研修として、なんとお恥ずかしながら講師なぞをやってしまいます。

以前書いた、「FreeStyleWiki 入門」(ミラーサイト「FreeStyleWiki 入門」)に沿った内容になります。

最初はこれを全部印刷してテキストにすればいいかと思っていたのですが、フォントサイズ10ポイントぐらいでもA4で60ページぐらいになってしまうので「うーん、これは『本』だなぁ」と思いやめました。エッセンスだけ取り出してパワポのスライド化(→配付資料)をして、自学テキストとして URL を示せばいいか、と。

で、講習会では使い方だけいろいろ習っても余り意味がないので、やっているうちに一つの便利なサイトができあがるといいなぁと思ったりして。

続きを読む
posted by n_shimizu at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 都高情研

2008年10月17日

第32回 図解表現2

前回の続き

最初に小テスト(5分+配布・回収)

・順番を適切に入れ替える
・レベルを変更し、上位レベル・下位レベルに構造を作っていく
・一つ一つの要素を適切なサイズで切り取り、新規ページに貼り付ける
・すると貼り付けたものがレベルを保ちながら一つのテキストボックスになる
・すべての要素をテキストボックスにしていく
・各ボックスの配置を考え、「図形の調整」−「オートシェイプの変更」で形を変えたり、背景色を変える
・要素どうしの関係を→などで示していく
・この時間いっぱいで完成させる


評価のポイントは情報が構造化され、適切に表現されているか。
例えば操作手順について時系列になっているか、注意事項は傍らに置いてあるか、過剰に華美にならず区別や強調として配色ができているかなど。

なかなか面白い作品ができました。

文章を図解化するということについては分かりにくいかも知れないので、いずれ別項を立てて詳しく書きたいと思います。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 授業2008

2008年10月16日

またまた出張

都内C高校にて。東京都全体を考えるための会議です。

5時間目は相棒にお任せして行ってきました。

先陣を切っている方々のフットワークの軽さに感心してしまいます。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | IT支援校

2008年10月15日

FSWiki on Virtual PC

FSWiki 研修の準備として、「インストール方法」について試行錯誤しています。サーバ設定講習会ではないので、極力、簡単・単純に起動するように、と。そこでサーバとして XAMPP を使うところから試しています。

FSWiki_on_VirtualPC2007
画像はポチッとサーバ(Windows Vista Home Premium)上で走らせている Virtual PC 2007 上の Windows 2000 にインストールされた WAMP環境(Xampp 使用)で動く FSWiki。ふぅ、長い。画像はデカイです。すいません。

なぜか全く使っていない Windows 2000 の箱を持っているのでできました。

Virtual PC 2007 の良いところはインストール前の状態を保存しておき、終了時に「復元ディスクの状態を削除する」をすることでまったく真っ新な状態に戻ってくれるのです。インストールを無かったことにして、何度も試すことができるのはとてもありがたいですね。

Windows + XAMPP + Perlアドインに FSWiki をインストール


として私の管理する Wiki に上げておいたので興味のある方はそちらを見てください。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | server

2008年10月14日

Firefox の右クリックメニューをカスタマイズ

普段使っているブラウザは Firefox 3です。

リンク先を右クリックして新しいタブで開きたい時がよくあります。他のブラウザにも慣れると一番上が、「リンクを新しいウィンドウで開く」になっているのがちょっとヤなんですね。Opera や Google Chrome なども「新しいタブで開く」が上です。タブブラウザなのですからそれが普通だと思うのです。

他のブラウザもいろいろ使っていると、操作しているときに一瞬戸惑うんですよね。「あれ? えっとこれは Firefox だから……」などと考えてしまいます。
Firefoxメニューカスタマイズ01.png
Firefox だから絶対カスタマイズできるはずと思って調べたらすぐに見つかりました。

Menu Editor - mozdev.org

サイトがいきなり英語なので少しビビりますが、Install version 1.2.6 for Firefox 2 and 3 をクリックしてアドオンとしてインストールするだけです。

再起動して「ツール」−「アドオン」から「Menu Editor」を選択して「設定」をクリックすると日本語で表示されます。

「詳細モード」で右側の「有効なメニュー項目」で「メインコンテキストメニュー」を選び、「リンクを新しいタブで開く」を一つ上にドラッグして移動するだけです。
Firefoxメニューカスタマイズ02.png

とっても簡単に使いやすくなりました。
Firefoxメニューカスタマイズ03.png

お試しあれ。
posted by n_shimizu at 00:01| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記2

2008年10月12日

W-ZERO3 の設定

ウィルコム設定お借りしているWILLCOM W-ZERO03 10台の設定です。

初期状態ではとても使いにくいので(ウィルコムが悪いわけではなく、Windows Mobile が使い勝手が悪い)、ソフトウェアのインストール、カスタマイズ、メール設定、連絡帳(アドレス帳)設定などをします。また、テプラで「1班」「2班」等のテープ張り付けをします。

数々のフリーソフトを使うのですが、まずは.NetFrameworkが必要です。

.NET Compact Framework 2.0 再頒布可能パッケージ


でもこれは手持ちのWindowsXP機などに一度インストールして、次回W-ZERO3をUSB接続したときに【ActiveSync】で同期状態でインストールするというメンドウなものなので、cab ファイルだけどこかでダウンロードして miniSD 経由で入れた方がはるかにラクです。

yuichis.homeip.net W-ZERO3の再構築 2nd
の「インストール」の1.にあるとおりです。
NET Compact Framework 2.0 SP1をダウンロードし、VMware/デスクトップPCにインストールする。

C:\Program Files\Microsoft.NET\SDK\CompactFramework\v2.0\WindowsCE\wce500\armv4i\フォルダにあるNETCFv2.wm.armv4i.cabをW-ZERO3へインストールする。

その後、

Today画面にアイコンを並べて表示、アプリケーション起動を効率化「tdLaunch」
おえかき v2.0
「×」で終了させる「Magic Button」

あたりを入れ、TODAY画面(つまりデスクトップみたいなものですね)にアイコンを並べて表示させました。

これにはこの辺のサイトが参考になりました。

窓の杜 - 【特集】“W-ZERO3”の使い勝手を向上させよう!
Pocket PC-WindowsCEソフトウェアライブラリ (WindowsCE FAN)
W-ZERO3 ツールMEMO

ソフトウェアのインストール関係で約20分。
アドレス帳設定やテプラ貼付けなどで約20分。
一台ずつすべて違う設定なので自動化できるものは一つもなく、淡々と同じような動作を繰り返す。

結構辛い作業(笑)。
今日は8台まで設定完了です。

10班用の10台+予備機

が必要なんですが、明日と明後日でこれらの設定は終わらせておかないと。環境設定をしっかりやって火曜日最終調整。

水曜日から本番です。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(3) | 授業2008

2008年10月11日

第31回 構造化・図解表現1

情報の構造化の流れとして、「構造化とは」という講義に続き情報を図解化することで構造というものを意識する。

○次回小テスト(インターネット・wwwの部分)を行うことを予告
○図解表現
・論理構造が理解しやすい
 * 構成・成り立ち
 * 関係
 * 集合
 * 流れ
 * 印象に残りやすい
 * 詳細な情報を伝えるのには向いていない
○構成・成り立ち
(組織図など)
○関係
(矢印による順序、対立、相互作用など)
○流れ
(連続した矢印による時間経過など)
○図解の作成手順
 * 文章を分解する(箇条書き→テキストボックス)
 * 構成を考える(並べ替え・配置)
 * 関係性・属性を表す(矢印・枠の種類)
 * 表現をシンプルに(キーワード化)
 * 構図を見直す(バランス・強調など)
○枠と矢印
 * 属性によって使い分ける
(形、色、太さなど)


「パソコン室のパソコンを使うためには」という長い文章をパワーポイントの最初のページに入れたものを配布。
最初にテキストボックス全体を箇条書きテキストにし、文章を短い単位で切り分け箇条書きにしていく。

おおよその時間は以下の通りでした。

Ozawaken(3分)
後期の説明(総合とのリンク・2ターン目)、次回小テスト告知(4分)
情報の構造化(7分)
作業ファイル配布
図解の作成手順説明(10分)
(生徒作業)
具体的に構造化手順説明(5分)
(生徒作業)
テキストボックス化(2分)
・要素を単位としたコピー(先頭の黒ポチをクリックしてコピー)
・白紙スライド側で「編集」−「形式を選択して貼り付け」
(生徒作業)
細かい操作について(2分)
(生徒作業)

この辺でチャイムがなり保存して終了。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(3) | 授業2008

2008年10月10日

KJ法的発想法の授業計画

これからの授業でKJ法(的発想法)の授業を行います。その記録、発表に使う予定なのが昨日書いた量産ブログです。

現在あるプロジェクトに参加して、
・WILLCOM より W-ZERO03 を 15台、D4を1台
・カシオからプロジェクタを1台
借りています。

これを授業の記録に使いブログで発表しようという試みです。

次回から2時間かけて KJ法的発想法の授業を普通教室で行います。

KJ法的発想法に使うネタは 5月頃に行った掲示板によるブレインストーミング(というかブレインライティング)の結果。「沖縄といえば?」で思い付く限り上げてみよう!というテーマでクラスでどんどん書き込みしたものです。

これを紙一枚にプリントして班に一枚(か、一人一枚)配布します。班は4人一班です。

・100個ほどあるキーワードを班のメンバーが手分けして手書きで付箋(ポストイット)に書く
・この付箋でA3の紙の上でKJ

という内容です。

計画では
【1時間目】
最初に説明、付箋書き、KJ途中

【2時間目】
KJ続き、その後各班発表


という流れです。さて、ここにblogが絡みます。

・班に一人記録係、1台ずつW-ZERO03 配布。
・途中経過と結果をカメラ撮影、画像の中でのポイントをペンで書き込み保存、blogにメール投稿。
・発表では、プロジェクタに繋いだ D4 からこのblogにアクセス。班ごとのカテゴリ表示により経過を含めて解説。

乗り越えるハードルがいくつもありすぎて、できるのだろうかかなり不安なんですが。やってみたいと思います。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(6) | 授業2008

2008年10月09日

ブログを量産

以前の遠足ブログのように()、この後の授業で使うために、ブログを量産しています。

各クラス1つずつ。8クラスあるので8コのブログです。その中に1班〜10班のカテゴリを作成します。一つ一つのカテゴリにメール投稿できるようにメールアドレスを設定します。つまり80アドレスを設定することになります。

かなり力業で、やってもやっても終わりません(涙)。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 授業2008

2008年10月06日

第30回 ストーリー編集&KJ法講評

この授業は40分短縮授業の時に当てた。特別編の授業の一つです。クラスによってはかなり遅く(11月後半ごろ)に行い、KJ法作品の講評とセットにした。そちらを中心に記述する。

4つのイラストを、パワーポイントに1ページ1つ載せ、最初にタイトルページを置いたファイルを用意する。

モンタージュ効果について学習した後、それぞれが自分のストーリーを4つの画像だけを使って作っていく。たった4つ(人によっては3つや2つ)の画像だけでも全く異なるストーリーが生まれることを実感し、情報における「編集」を学ぶ。


○Ozawa-Ken(5分)
○各班の作品を表示しながらKJ法のポイントを確認(2分)
○共有フォルダに置いた各班作品ファイルを各自自由に見る(3分)
○モンタージュ効果について
○ファイル配布。パワーポイント操作説明。ルール説明。(上と合わせて10分)
○ストーリー編集開始(20分)
 * 作品が完成したら提出フォルダにコピー
 * 提出されたものをつぎつぎにスライドショーで見せる
チャイムで終了。途中の人もフォルダに提出。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

まいったなぁ

学籍システムなんですけど。

かなり前に入れた年度途中のクラス替えデータが間違っていたことが判明。古いデータを日にちで消して新しいデータを入れなければいけないところ、それをやらなかったためにダブってしまったんですね。

記録としてはちゃんと残っているので、丁寧にダブっている部分だけを取り除けばいいんですがほぼ手作業なんです。かなりの時間がかかってしまいました。
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2008年10月05日

PowerShellで下層ディレクトリまでファイルを探す

最初は再帰が必要かと思ったのですが目的のファイルは「index.html」と決まっているし、階層も判っているのでもっと簡単ではと予想。

続きを読む
posted by n_shimizu at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PowerShell