2009年02月28日

謎なレンガ塀

謎のレンガ塀01.jpg

今日学校から京成曳舟駅への帰り道に寄ったコンビニ(ミニストップ)隣のお風呂屋さんの塀がレンガなんですね。隣に工場でもあったのでしょうか。

一部には古いレンガと新しいレンガの上に最近タイルの塀を足した三(〜四?)種類見られるところもあり。
謎のレンガ塀02.jpg


なかなか興味深いです。
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

カフェで読書

入選関係のお仕事でかなり忙しい毎日でした。

一段落して帰りにちょっと読書など。

大森のカフェ・ド・クリエにて、かなり遅い昼食後のコーヒーと読書。
情報科教育法.jpg
続きを読む
posted by n_shimizu at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月25日

ドリトルについて(その6)おまけ2

ドリトルについて(その6)「続・かめた!千鳥足」」の続きです。
ドリトルの記事全体はカテゴリ「ドリトル」をご覧下さい。

今回もその6のおまけです。

それぞれの軌跡が重なったとき、必ず

一番下が黒
二番目が赤
三番目が黄色

のように表示されているのに気がついたでしょうか。
ドリトル重なる順番

これはオブジェクトを作った順番なのです。すなわち

さいしょにかめた(線の色:黒)
つづいてかめこ(線の色:赤)
さいごにかめお(線の色:黄色)

の順に作ったからなのです。タートルオブジェクトが描いた線もオブジェクトの一部になっていることにも関係します。

すなわち黒い線はかめたの一部、赤い線ははかめこの一部、というように。

これを切り離すにはタートルオブジェクトの命令で「図形を作る」というものを実行するのですが、それはまた今度説明します。

次々と上に重ねていくようになっている、ということでした。
posted by n_shimizu at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル

2009年02月24日

ドリトルについて(その6)おまけ1

ドリトルについて(その6)「続・かめた!千鳥足」」の続きです。
ドリトルの記事全体はカテゴリ「ドリトル」をご覧下さい。

その6のおまけです。

前回、

かめた!千鳥足。
かめこ!千鳥足。
かめお!千鳥足。


としたときに、なぜ3匹同時に進んだのか疑問に感じませんでしたか?

今まで、

命令。
命令。
命令。


と並べたときに上から順番に実行されてきました。そしてそれは、上の行が「終わってから」下の行の実行が始まっていました。

しかし今回は、上の行の実行の終わり(かめたの歩き終わり)を待たずに下の行の実行(かめこやかめおの歩き始め)がされています。

これはタイマーオブジェクトの性質で、タイマーオブジェクトは必ず実行に時間がかかるので、タイマーオブジェクトにより何かを実行している時は終了を待たずにすぐさま次の命令が実行されます。このように複数の処理が同時に行われることを難しい言葉でスレッドといいます。

ただ、かめたが歩き終わってからかめこが出発。かめこが歩き終わってからかめおが出発のようにしたいときもあります。

その場合は、タイマーオブジェクトの命令で「待つ」を実行することにより、次には進まなくなります。

千鳥足の定義の部分で

かめた:千鳥足=「
自分!(乱数(360)) 左回り。
時計=タイマー!作る。
時計!「自分!(乱数(60)−30) 左回り 5 歩く」 実行。
時計!待つ
」。


のように変更すれば、それぞれ歩き終わるまで待ってくれます。
posted by n_shimizu at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル

2009年02月23日

来た・磨いた・目立たなくなった

届いたその日にいきなり傷を付けてしまった液晶ディスプレイのため、注文していた「磨きクロス」が届きました。
液晶磨き01.jpg

ひたすらコシコシ磨いていたら結構目立たなくなってきました。
液晶磨き02.jpg液晶磨き03.jpg


でも、細くても深い傷はやはり残りますね。

まぁ日常差し障りない程度になったのでよしとしましょう。

でも最近の液晶は表面が固くなりましたね。昔は押すとブニョンとなりましたが、そこそこ力を入れても大丈夫でした。 「傷がある」写真よりもはるかに「目立たなくなった」写真は撮りにくいですね。
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月21日

深川に行ってきました

二人の子供は祖母に任せて、妻と二人深川に行ってきました。ちょっと目的がありまして……。

まずは門前仲町。ここに来たのは「深川丼」を食べるため。「六衛門」というお店に行きました。深川不動尊の参道と富岡八幡宮の参道の交差する付近です。
六衛門

深川丼はもともと漁師のぶっかけめしだったそうで、アサリの味噌汁をご飯にかけたもの。でもここのものは醤油味のさっぱり味でした。なかなか美味しかったです。
深川丼セット

続きを読む
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記2

2009年02月19日

ドリトルについて(その6)「続・かめた!千鳥足」

ドリトルについて(その5)「かめた!千鳥足」の続きです。
ドリトルの記事全体はカテゴリ「ドリトル」をご覧下さい。

さて前回のタイトルに冗談のように「かめた!千鳥足」と書きましたが、このように新しい命令を作って実行させることはできないのでしょうか。

実はできます。

オブジェクト:新命令の名前=「 」。


という記述で、このオブジェクトに新しい命令を追加することができます。さっそくかめたに「千鳥足」を追加してみましょう。前回の内容をすべて「 」に入れればいいのですね。

例1)
かめた=タートル!作る。

かめた:千鳥足=「
かめた!(乱数(360))左回り。
時計=タイマー!作る。
時計!「かめた!(乱数(60)−30)左回り 5 歩く」 実行。
」。


これを実行すると、真ん中にかめたが登場して終わります。どうしてでしょう?
ドリトル新規命令で動かない

続きを読む
posted by n_shimizu at 22:54| Comment(0) | TrackBack(3) | ドリトル

2009年02月18日

カブトムシを食べる

先日妻からもらったチョコレート。家族でいただくことにしました。

写真は切っているところ。ちょっとグロです。
バレンタイン05.jpg


正確には「チョコレートケーキ」でした。下の部分は大きなクッキーの上にホワイトチョコレートが乗っている状態。

妻から購入したサイト教えてもらいました。こちらです。
http://komatuya-h.jp/pitem/106241547
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月17日

届いたらいきなり……

注文していた22inchワイド液晶。ディジタル接続です。
22インチ01.jpg22インチ02.jpg


足を取り付けようとしたらバランスを崩し、液晶表面をいきなり傷つけてしまいました。
(;_;)
22インチ03.jpg22インチ04.jpg


ショック……。

↓こんな感じである程度直せるのかなぁ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3878388.html
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記2

2009年02月16日

二日遅れの……

バレンタイン01.jpgバレンタイン02.jpg

嫁さんよりもらいました。

「男の子」向けなものを探してくれます。嬉しいですね。

なんでも注文殺到で店側が2月14日に間に合わなかったんだとか。

下のスダレ?のようなものもチョコレートです(クッキーの周りにチョコレート)。

もったいないのでもうしばらく飾っておき、家族でいただくことにしました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記2

2009年02月15日

ドリトルについて(その5)「かめた!千鳥足」

ドリトルについて(その1)
ドリトルについて(その2)
ドリトルについて(その3)
ドリトルについて(その4)
の続きです。

そろそろかめた自身に勝手に歩かせてみたいと思います。

ドリトルには「乱数」という命令があります。

乱数(正の整数)


とすることで、1〜正の整数の間のランダムな数字を発生します。そこでこれを使ってかめたを勝手に歩かせてみます。

例1)
かめた=タートル!作る。
かめた!(乱数(360)) 左回り 100 歩く。


乱数(360)で、360度のどこに回転するかをランダムに決定しその角度を左回り。100ドット歩きます。乱数( )の外側の( )は必要です。これがないとかめたというタートルオブジェクトに対する命令として処理しようとして「乱数という命令が見つかりません」というエラーになります。あくまで左回りに対するパラメータの数値ですから( )をつけることで数値にする訳です。

実行結果は以下の通り。
ドリトルランダムロケット1

実行する度にどこに飛んでいくかわからない。ランダムロケットです。
続きを読む
posted by n_shimizu at 14:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリトル

「オブジェクト」ってなーに?

ドリトルについて」シリーズ番外編です。

このブログにも何度かオブジェクト指向が分からんとか、少し分かったとか書いてきました(オブジェクト指向が何となく解ってきたオブジェクト指向−クラスとオブジェクトの例え話。)

じゃあ「オブジェクト」とは何なのさ、という話になります。また「指向」ってどういうこと?となります。

よくある話が、オブジェクトのことを「もの」などと訳して「ものを中心に考えるのだ」などという説明がありますが、それだと全く分かりません。そうではなく、英語文法に出てくる「S-V-O」の「O」がオブジェクトなんですね。目的語とか対象ということです。

それまでのプログラミング(たとえば BASIC とか)では、「PRINT」や「GOTO」などが中心でした。つまり「V(=動詞)」中心のプログラミングです。

ちなみに「S」の主語は「コンピュータ」でいいでしょう。

(コンピュータに向かって)
ああしろ
こうしろ

というのがプログラミングでした。いえ、それはもちろんオブジェクト指向でも変わらないのですが、扱うデータは、「する(動詞)」の付属物だったんですね。コンピュータに何かを「させよう」というのですから、これは自然なことだったと思います。

しかしこれは扱うデータの種類が少なかった頃の話。扱うデータの量と種類が膨大に増えていったときにいろいろ問題が起きてきます。「する」を並べて作ったプログラム上で、「このデータはこの「する」に当てはまるのだろうか?当てはまらないのだろうか?」という判断が難しくなってくるのです。

一つの解決方法はカプセル化といって、一つの処理をまとめてブラックボックスにしてしまい、入れるデータはこういう形、出てくる結果はこういう形というものだけ見せるようにするプログラミングのスタイル。

その後、出てきたのは、さらにそれを発展させて、データ……というか、「変数」を中心に据えたプログラミングです。まず対象物ありき。この対象物には性質(プロパティ)や動作(メソッド)が決まっている。このいろいろな性質や動作をする変数を「オブジェクト」という抽象概念で括ったのです。その変数に対して命令をする(メッセージを送信する)。すると中身が変質することもあるししないこともあるけど、新しいオブジェクトを返す。またそれに対して……というプログラミングです。

これによって、今現在扱っているものは何か、そしてそれをどうしたいのか、という細かい処理を組み合わせていく考え方に変わりました。

これがオブジェクト指向の考え方だと思います。

2006年の終わり頃から悩み始めてようやくここまでたどり着きました。

ちなみに、ドリトルでプロパティとメソッドは見た目で分かります。

例えばタートルオブジェクトについては、

メソッド:作る、歩く、戻る、移動する、閉じる、変身する、拡大する
プロパティ:右回り、左回り、位置、向き、ペンなし、ペンあり、線の色、線の太さ、衝突


メソッド(動作)は「する」など(日本語文法でいう用言)
プロパティ(性質)は名詞など(日本語文法でいう体言)

という言葉になっているんですね。そんなことは考えなくてもいいぐらいごく自然な感覚に作られているわけです。
posted by n_shimizu at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ドリトル

2009年02月14日

またmicroSD購入

昼に買い物で近所のディスカウントストア「ジェーソン」に。ふとレジ横の電池やらSDメモリやらが並んでいるところで立ち止まり、

「そういえば今携帯の中にあるmicroSDが調子悪くて、携帯の中では普通に使えていてもカードリーダー経由だと認識しないんだよな」

と、ついつい買ってしまいました。写真では見えないかも知れませんが、2GB で 699円(税込み)。安いですね。
microSD699yen.jpg
家に帰ってみてみたら、単に刺さっていると思っていたカードリーダーの先が抜けていただけで、前のもちゃんと認識しました(苦笑)。まぁ 1GB で後 100MB ぐらいの空きですから換え頃とも言えますし。

長年(3年ぐらい?)使ってきたこの 1GB は確か秋葉原で 5000円ぐらいしたんですよね。

そんな訳で余裕ができたメモリには音楽をPCからコピー。とりあえずアルバム4枚分程。これで通勤時に聞くアルバムが増えました。

行きに聞いてしまうと一日バッテリが持たないので聞くとしても帰りなんですが、もう少しもちがいいと助かるんですよね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

8の字を描けるようになりました

幼稚園の年長です。4月から小学生です。
自転車練習02.jpg
本人が乗りたがっていたというのが一番ではあるんですが、友達もそろそろ乗れる子が増えてきているというのが一つ。

近所に子供がいない(子供の過疎化がすすんでいる)ので親が付いていくとしても、そろそろ大きくなってきたので、自分で運転させる必要があるだろうという意味もあります。

推薦入試と一次試験のはざまの、「忙中閑あり」の今に一気に教えてしまおうと。
posted by n_shimizu at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

ドリトルについて(その4)

ドリトルについて(その1)
ドリトルについて(その2)
ドリトルについて(その3)
の続きです。

ドリトルは、インタープリターですから、作っては試し、作っては試しとできるところが大きな特徴ですから、前回の回答編はそのようにしてみましょう。

まず、100ドットの正三角形の描き方について。

正三角形の一つの角は60度だから60としていすればいいんだ!
と思った方いると思います。次のように。

例1)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 60 右回り。」!3 繰り返す。


これを実行してみましょう。
ドリトル正三角形ならず

……三角形になりません。なぜでしょう?続きを読む
posted by n_shimizu at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリトル

2009年02月13日

今日も誰もいない

本日はマラソン大会です。

留守番なので誰もいない中でのお仕事です。
マラソン大会で人いない.jpg

予報では暖かいといっていましたがそうでもないですね。走るにはいいぐらいでしょうか。でも風がありますね。立ち番の先生方が一番心配ですね。荒川土手は寒いでしょうから。

墨田川に来て4年。一度もマラソン大会で生徒の走る姿を見ることがありません。合唱コンクールの参加は昨年の一度だけです。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

液晶ディスプレイをぽちり

ポチッとサーバ用。

アイ・オー・データ機器 ワイド液晶ディスプレイ 22型 WSXGA+(1680x1050) ブラック LCD-AD221XB 15980円
http://nttxstore.jp/_II_IO12069269?LID=mm&FMID=mm

Vista になって横幅が欲しくなったんです。ある方がワイドだったんです。ああ使いやすそうだなぁって(笑)。特にプログラミングを開発環境を使ってやるときなどは広い方が良いですし。

グラボもちゃんと表示してくれそうですし。

楽しみです♪
posted by n_shimizu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ポチッとサーバ

2009年02月12日

今日はICT活用指導力向上スタッフの出張

ICT機器に関して、今日、実際に入る実機を見ることができました。

我々スタッフの方が知っていることが多い半面、届いた現場の学校より知らないこともあったり。

まだ分からないのは、巨大なICT計画プロジェクトの船頭は、東京都の中でどこの部署で、どこまでやろうと考えているのか、など。現場の声どころか指導部の声すら届かないようなんです。縦割り行政の悲しさですね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月11日

自転車練習

自転車練習.jpg
補助輪外して二日でここまでくるものですねぇ。

まだ発進とカーブがアヤシイですけど。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月10日

ドリトル作者兼宗さんが……

ドリトルの作者の一人である兼宗さんがカメ太の日記の中で、このブログにリンクを張ってくれました(ゆっくり歩くの改良版)。

掲示板の書き込みの反応なんですけど、反応早い早い。

ゆっくり歩くの改良版の中身についてはいずれまた。
posted by n_shimizu at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル