2009年02月10日

ドリトルについて(その3)

ドリトルについて(その1)
ドリトルについて(その2)
の続きです。

タートルオブジェクトには、「右回り」、「左回り」という命令があります。進行方向を回転させる命令です。

90 右回り


と指定することで、進行方向を右回り90度回転させることができます。

さて、「歩く」と「右回り」を使って一辺が100ドットの正方形を描いてみてください。




…。

できましたか? いくつか例を挙げて説明したいと思います。

例1)
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。


実行画面は以下の通りです。
ドリトル正方形

続きを読む
posted by n_shimizu at 18:03| Comment(0) | TrackBack(2) | ドリトル

ドリトルについて(その2)

前回(ドリトルについて(その1))の続きです。

タートルオブジェクトについてもう少し詳しく言うと、

タートルオブジェクトとは
*グラフィック関係のオブジェクトの一つ
*移動する時に軌跡の線を残し、絵を描くことができる
*描いた絵を切り離して図形にすることができる
*規定値として
 ○「作る」と原点(0,0)に現れる
 ○ペンあり。線の色は黒
 ○「歩く」方向はX軸正の方向
 ○亀の絵

などということが性質や規定値として決まっています。ほとんどが「そうだろう」と思うような自然な規定値になっています。単にイメージを掴むためだけの場合はそのようなことを意識する必要はないけど、ちゃんとプログラミングをしたい場合はそのように「決まっている」ということを知っておく必要があると思います。

特にタートルグラフィックスのオブジェクトだから名前が「タートル」で亀の絵になっているんですけど、ほとんどシャレに近い(だから「変身する」で花を表示させたときになぜ「タートル」から花になるのかといった疑問に繋がる生徒がいます)。

さて、「作る」はコピーで、名前を付けることができることは前回説明しました。次のようなプログラムを実行してみましょう。

かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。
かめこ=タートル!作る。
かめこ!100 戻る。


実行結果は次の通りです。
かめたとかめこ
続きを読む
posted by n_shimizu at 02:01| Comment(0) | TrackBack(3) | ドリトル

2009年02月08日

ドリトルについて(その1)

ドリトルが情報科仲間で流行りました。自分でもやってみてこれは面白いと思い12月の授業で実践しました。なかなか好評だったようです。

このブログで書くとネタバレになってしまうことになるので今まで書きませんでした。全クラスで一通り1時間はやったので書くことにします。

ドリトルとは学習用プログラミング言語の一種です。

JAVA上で動くので、JAVA 環境さえあれば基本的にどんなマシンでも動きます。オンライン版もあるのでブラウザ上で動かすこともできます。

特徴としては、学習用とはいってもオブジェクト指向言語であること。基本はタートルグラフィックスなので、結果がすぐに見えること(もちろんグラフィックを使わないプログラムも作れます)。日本語(日本文字?)を使っているのでイメージを掴みやすいこと。でしょうか。

こんな感じです。
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。


実行結果は次のようになります。
ドリトル実行画面


続きを読む
posted by n_shimizu at 22:55| Comment(0) | TrackBack(4) | ドリトル

2009年02月04日

なぜこの時間に?

現在(21:09)電車の中。

今日はのんびりやって定時で帰るつもりでした。

午前中、入選業務でばたばたと。

午後は合唱コンクールですが、教務留守番組3人でその点検。

途中、「以前から気になっていた職員室PC3台のWindows Updateを今日ならできる!」と思ってしまったのが運の尽き。

終わらない終わらない。

SP2 だったのを SP3 に上げ、その後 49個のセキュリティアップデート。

やるんじゃなかったと何度も後悔するも途中で止めるのは悔しいので最後までやったら今になってしまいました。

バカですねぇ。
posted by n_shimizu at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月03日

業務システムのためのユーザーマニュアル作成ガイド

件名のような本を買いました。1月末に出たばかりみたいです。

続きを読む
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月02日

3Dで見る古代ローマ Google Earth

ギャラリーの中に面白そうなものがいろいろあります。その中にあった「3Dで見る古代ローマ」
Google Earthで古代ローマ.png

こいつがものすごいマシンパワーを要求するもので。

自宅の Let's Note CF-W2(Pentium M 1.0MHz、768MB)で実行したら途中で画面がガッとずれて Windows XP が落ちました……。仮想メモリも全て使い切ってしまったみたいです。

学校でポチッとサーバでここまでできました。

やり方は、Google Earth のギャラリーの中「3Dで……」にチェックを入れます。

地球をぐるぐる回してイタリアのローマの上に来たら地上付近に行くと汚いイラストで空中にいろいろな建物が凧のように浮いています。

そのうちどれかをクリックすると、小さなウインドウに3D映像とともに英語でいろいろ表示されます。

下の方に(Load First)というのをクリックすると地形情報をダウンロードするようで、白い斑点がチカチカ光っていきます。

終わった頃に、その下の(250 Buildings)というものをクリックすると250の建物を順番にダウンロードして行くみたいです。

ここまできて、途中で Let's Note はハングアップしました。

ポチッとサーバでやったのが画像の通り。かなりの建物が3Dで再現されているみたいです。

こんなものがタダなんですからすごいですよね。でもこれだけマシンパワーを要求するアプリケーションって……。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

第50〜52回 情報と社会7・8・9発表

今まで準備してきたものを3時間かけて、一人2分で発表および相互評価を行います。

ところがインフルエンザが猛威をふるい欠席者がかなり多い。

「情報と社会」の内容を生徒による発表を授業に替えることにします。

回を重ねる毎に、生徒達の見る目・聞く力が養われていることが実感できます。

発表の最後に、感想と振り返りを行います。

* メール起動。件名「発表を終えて」
 o 感想
 o 論理構成(アウトライン)の改善点
 o スライド表現の改善点
 o 発表態度などの改善点
 o ※掲示板「プレゼンテーションをよりよく行うためには」参照
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2008

2009年02月01日

日経ネットワークが薄い……

創刊から愛読している日経ネットワークですが、今月号が異様に薄い!2年前の2月号と並べてみましたがその薄さが解ると思います。
日経NETWORK薄い01.jpg

理由は広告索引を見れば一目瞭然。これだけしか広告が載っていないんです。
日経NETWORK薄い02.jpg

3月決算を控え、企業が抑えられる出費を抑えた結果なのでしょうか。

1年分の購読料で2年分届けますキャンペーンはこれが原因かぁと思いました(先日振り込みました)。

雑誌の収入はものにもよりますが、読者からの売り上げと同じぐらい広告収入で稼いだりしますからね。購読数が安定していても広告が減れば大打撃でしょう。企業としては広告を出し続けているかどうかもバロメータになっていますから、いかに世の中大変か、分かりますね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2