2009年03月03日

CEC「高等学校 等における情報教育の実態調査」に関わるワークショ ップに参加して

200903ワークショップ霞ヶ関

2/28(日)霞ヶ関にて、タイトルの通りの長い名前の会議に出席。

200903ワークショップ

タイトルも長いけど会議も長い。午前10:00に始まり17:00終了。間の食事タイムは最初50分の予定が、午前の部が押してしまい40分に。午後も間にきっかり10分だけ休憩で後はずっと話し合い。しかもwsメンバー26名と委員7名、その他お偉いさんも含めてたくさんの人がぐるりと輪になって常に全員体制です。なかなかハードでした。

詳しく言うと、

CEC(財団法人 コンピュータ教育開発センター)主催。

WSメンバー26名、委員7名
オブザーバとして教科書会社6名、経済産業省2名、文部科学省1名

WSプログラム構成テーマ「高等学校等の情報教育の充実に向けて」

全国の情報科教員2000件集まったアンケートを元に話し合い。
午前は、自己紹介を兼ねて興味のある内容や力を入れていること。課題など。
午後は学習内容や指導方法ということで、「社会と情報」「情報の科学」を見据えて討議と、教員の自己研鑽、研修方法の取り組みや課題、提案などということで。

参加している方々はみんなどこかで名前を聞いたことがあるようなスーパースペシャルな方々ばかり。ちょっと気が引けました。

当然情報の授業でアプリケーションの習得を目指しています、なんて方は一人もいません。司会の方からは「皆さん方ではなく、一般の情報の先生でもできるようにするにはどうしたらいいでしょうか?」などという投げかけもありました(笑)。
続きを読む
posted by n_shimizu at 03:06| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記2