2008年03月27日

究極の情報Aを目指して

昨日、都高情研の研究大会に参加しました。そして発表もしました。

午前中は辰己先生の「新学習指導要領に期待すること」というテーマで講演。一時間半みっちり歴史的な経緯を通して教科「情報」の扱われ方(昭和60年頃から始まっているんですね〜)、技能から技術、そして科学へという方向性。「情報は役立ちすぎる」こと。次の学習指導要領はもう固まっているので、次の次の学習指導要領を見据えて動く必要があること。会場からの「教科・情報のコアを一言で言うとなんだと思いますか」との質問に「モノと情報の違いを教えることではないか」と仰っていたこと。いろいろ考えさせられました。

ポスターセッション4題。本当は聞きたかったのですが、自分の発表のことがあって余裕がありませんでした。

墨田川高校の椋本先生が、スイミングの指導にSNSを活用してうまくいっているという内容が面白いと思います。

さて、発表の詳しいことなどはお仲間のブログ等を参考にしていただくとして、自分たちの発表について。

テーマはこの記事のタイトル「究極の情報Aを目指して」というものです。椋本先生と一緒にやりました。

学習指導要領の情報Aを確認して、情報Aを概観します。情報Aは「情報活用の実践力」を中心として、それを支える「情報の科学的な理解」、そして出口として「情報社会に参画する態度」という方向性ではないかと。

情報Aの外観

そして、本校の様子を1年間の流れを説明します。情報活用の実践力が柱です。

前期の内容
前期の内容

後期の内容
後期の内容

前期で基礎的な知識やスキルはすべて教えて、後期はプロジェクト学習として総合実習形式であること。その中で情報活用の実践力を中心として「情報の適切な収集」「情報の適切な処理」「情報の適切な発信」を行うこと。中でも「適切な処理」として「情報の構造化」に力を入れたこと。

具体的なやり方として、Wordのアウトライン表示をアウトラインプロセッサとして利用。これをPowerPointに読み込めばアウトラインがそのまま再現されること。アウトラインができあがっているとA4で1枚のレポートは簡単にできあがること。それをメモ帳でHTML化することも容易で、CSSがキレイにあたること。などを実際に演示しました。

生徒の感想として「物事を決める際の新しい考え方について学んだ」、「情報Aは今までの知識をすべて使うんですね」という二つを紹介しました。

さらなる発展として、慶應大学「アカデミック・スキルズ」、東京大学「知の技法」を紹介。

「発達段階と『情報活用の実践力』」として情報と理科を例に出して比較。
高校で必要な『情報活用』があるのではないか」との問題提起をしました。そして教科「情報」の発展を考える会の案内をして終わりです。

言い足りないことはいっぱいあるのですがコアになる部分は伝えられたのではないかと思います。1年間の授業をすべて伝えるのはムリです。

著作権のことや引用部分と自分のものとの違いについて質問がありました。

実は毎回の授業でどこから調べたのかURLをメールで(校内だけで使えるメール)提出させています。ただ、1枚のレポートレベルでは引用元を記述する程ではないだろう。という判断で割愛しています。そしてどこかのサイトをそっくり使っているものなどはその都度注意してまるまるコピー&ペーストとなることを避けました。

また、1年間の最後の最後に外部講師の授業を2時間行いました。フリーライター、新聞記者、雑誌編集者、Web編集者の4名の方々に、仕事における「情報の収集・処理・発信」の過程を話してもらっているんです。この時に、Webからの情報収集は最初の下調べ程度に使うだけで、実際の取材による一次情報しか信用できないという話もしてもらっています。

まぁそのへんは懇談会で楽しくお話しできたので良いと思います。

質問があればお会いしたときにまた聞いてください。

情報科の方々のブログ記事。
情報科メモ帳 都高情研研究大会ありがとうございました
舎密亭日乗 都高情研研究大会
情報科教員MTのBlog都高情研研究大会参加 - livedoor Blog(ブログ)
情報科教員MTのBlog『アカデミックスキルズ』と『知の技法』 - livedoor Blog(ブログ)
海部の日記帳情報科教員。映画・音楽など日本電子専門学校 - livedoor Blog(ブログ)
総合学科「情報」日誌:都高情研研究大会とCG-ARTS教育セミナー
都高情研研究大会 - 情報科作業日誌
都高情研 研究大会 - 情報科blog
posted by n_shimizu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(7) | 都高情研
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13218953
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

都高情研研究大会とCG-ARTS教育セミナー
Excerpt: 都高情研研究大会に参加させていただいた。会場は日本電子専門学校7号館。 昨年に続
Weblog: 総合学科「情報」日誌
Tracked: 2008-03-27 22:59

都高情研研究大会参加
Excerpt: 今日は都高情研(東京都高等学校情報教育研究会)の研究大会に参加した。 場所は日本電子専門学校の7号館である。 基調講演は東京農工大学の辰己丈夫準教授の「新学習指導要領に期待すること」という内容..
Weblog: 情報科教員MTのBlog
Tracked: 2008-03-27 23:46

『アカデミックスキルズ』と『知の技法』
Excerpt: 昨日の都高情研・研究大会で都立隅田川高等学校の清水紀行先生と椋本哲也先生の「究極の「情報A」を目指して」という講演を聴いた。 『調べ学習』で検索された情報のコピペ(コピーアンドペースト)による『..
Weblog: 情報科教員MTのBlog
Tracked: 2008-03-27 23:47

都高情研研究大会
Excerpt: 日本電子専門学校を会場にお借りして、都高情研の研究大会が行われました。 基調講演は東京農工大学の辰己丈夫先生です。 ここ20年間で情報教育がどのように検討されて来たのかということを、簡単な解説も含め..
Weblog: 情報科作業日誌
Tracked: 2008-03-28 01:18

都高情研研究大会
Excerpt: 今日は、都高情研の研究大会におじゃましてきた。 いつも思うのだけれど、この大会の
Weblog: 舎密亭日乗
Tracked: 2008-03-28 05:28

都高情研 研究大会
Excerpt:  都高情研の研究大会が新宿の日本電子専門学校でおこなわれました。
Weblog: 情報科blog
Tracked: 2008-03-28 17:38

日本電子専門学校
Excerpt: 朝、バスと電車に揺られて新宿の雑踏へ。そこから10分ほど歩いて日本電子専門学校7号館へ向かう。今日は、東京都高等学校教育研究会の研究大会が開催されている。東京都の人たちは、自分たちで会費を出し合って会..
Weblog: 海部の日記帳
Tracked: 2008-03-29 09:35