2008年12月25日

eBoostr 2 PRO を導入してみた

話題としては今年の1月頃にすでに色々なブログで取り上げられていたもののようです。

eBoostr 2 PRO
http://www.eboostr.jp/
http://shop.vector.co.jp/service/servlet/Catalogue.Detail.Top?ITEM_NO=SR158941

Windows Vista にて可能になった Ready Boost 機能を Windows XP や Windows 2000 でできるようにしたソフトウェアです。具体的にいうと、USBメモリ等のフラッシュメディアをキャッシュメモリとして使いメモリの少ないマシンを高速化する技術です。

私が通常使っているのはパナソニック Let's NOTE CF-W2。Windows XP マシンで、メーカー仕様では最大 512MB のところ 768MB 積んでいます。しかし、近年のソフトウェアはメモリを多く消費するものが多く、また多数のソフトウェアを起動する場合もあります。

そんなわけで導入してみました。自宅にあった 2GB の microSD にアダプタを付けて SD として Let's NOTE の SDスロットに差し込みました。Let's NOTE CF-W2 には標準で SDスロットが付いているんです(SD を作ったパナソニックですから)。

eBoostr1


976 KB/s Warning! Low speed!


と言われてしまいました。推奨でランダムリード2.5MB/sec 以上と書いてあります。そこで、近所のディスカウントストアで Class 4 の SDカードを 799円 で買ってきてトライしました。

eBoostr2


1684 KB/s Warning! Low speed!


となりまだ遅いようです。

さて使ってみた感想としては、規格に満たないフラッシュメモリを使っているせいか、劇速になった、とは感じません。ただ、ソフトの起動やPCの起動は多少速くなったような気がします。

そのうちもう一度 Class 6 のものを買いに行って試してみたいと思います。
posted by n_shimizu at 12:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24747163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

eBoostr 2 PRO を導入してみた2
Excerpt: 前回の続きです。 その後 SDカードで class 6 を探すのは諦め(たいてい SDHC になってしまう)、USBメモリにしました。近所のディスカウントストアでReady Boost 対応の4GB..
Weblog: 情報科雑感
Tracked: 2008-12-30 22:49