2008年12月27日

「Sambaサーバ構築、5つのべからず:2008年版」の衝撃

現在、「ネットワークHDD」や「LANハードディスク」なる製品名の NAS が数百GBが1万円程度で発売されている2008年末現在、もう自分でわざわざ Samba を設定することは無いと思われます。ちゃんとした Windows Server が欲しければ、Windows Server 2008 などが載ったサーバ機を購入すればいいわけですし。

しかし、つい2年ほど前までは自分で構築しなければならない状況にありました。

このブログのカテゴリーsamba記事一覧

@ITの「Sambaサーバ構築、5つのべからず:2008年版」を読んで驚きました。

昔に比べて日進月歩、というか、Microsoft の度重なる仕様変更についていくべく、Samba そのものも大幅に変更しているとか。そして 2008年現在での状況で、という但し書きの元に次のような「べからず」が書いてありました。

* EUC、シフトJIS(SJIS)は使うべからず
* smbpasswdファイルは使うべからず
* smbpasswdコマンドは使うべからず
* security=share/server/domainは使うべからず
* smb.confを編集して共有の作成をするべからず

2年前にほとんどこの間違った設定を行っていたことになるのでビックリ。これらのべからずの理由は件の記事を読んでいただくとして、例えば自分の記事の中で、
「Global」のセキュリティオプションの「security」を「share」にしてワークグループ共有にする

としっかり書いてあります。

この時点では他のドメイン参加など全くしなかったので一応問題ではないのですが。

それと、EUC や SJIS を使うなというものもびっくり。古い Sambaがらみの書籍はそうそうに処分しようと思いました。
posted by n_shimizu at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | samba
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24842725
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック