2008年08月07日

【ポチッとサーバ】に Ubuntu8.04

週刊アスキー別冊「カンタンUbuntuウブントゥ2」を購入。以前 Live CD の Ubuntu は起動させていたので使えることは分かっていますが、週刊アスキー別冊1&2の手助けもあってカンタンにインストールできました。

まず、元々20GB弱残していたHDDの空き容量にインストールし、尚かつブートローダはVista の BOOTMGR を使うことにしました。

CD-ROM起動、「Ubuntuをインストール」を選択。
ディスクの準備では3番目「ガイド - 最大の空き領域を使う」を選択。
インストール準備完了になったときに「拡張」を選んで「ブートローダをインストールするデバイス」の選択を「/dev/sda5」として、Ubuntu のパーティションにGrub をインストールする。
ポチッとサーバUbuntuインストール1
ポチッとサーバUbuntuインストール2

これでインストールすると再起動しても今まで通り Windows Vista が起動します。

続いて、「Easy BCD」をダウンロード&インストール。説明文に「the new Windows Vista bootloader. 」と書いてあるので Vista 専用っぽいです(週アスによれば、Windows XP には「BootPart」を使えと書いてあります)。英語のソフトですが、週アスの通りに設定します。

1.「Add/Remove Entries」をクリック
2.Add an Entry で「Linux」タブをクリック
3.Typeは「Grub」
4.Nameは適当に「Ubuntu 8.04」のように入力
5.Driveは「Partition 2 (Linux native - ○GB)」と書かれたものを選択
6.「Add Entry」を押して終了。
ポチッとサーバUbuntuインストール3

これで再起動すると、日本語のブートローダでWindows か Ubuntu かを選択できるようになり、デフォルトでWindows、30秒以内に選択するとUbuntu が起動できるようになりました。

30秒は長いので短くしたいですねどこかで設定できたはず。

ってなんのことはない、この Easy BCD の「Change Settings」で「Bootloader Timeout」の30を短くしてあげれば良いんですね。
ポチッとサーバUbuntuインストール4

さて起動してビックリしたんですが、繋いでいた USB のものをことごとくそのまま認識したんですね。すごいです。

サウンド機能のないポチッとサーバこと Express 5800/110Gd に USB音源として「Canopus DA-Port USB」という古ーいもの(もう製品ページはないので、参考1参考2あたりを見てください)を繋いで Windows Vista で音を鳴らしていたんですけど、Windows 2000 が出たかどうかぐらいのふるーいものなんですね。Windows のドライバを捜すのも結構大変だったりするものです。

それが、起動の時に「ちゃんかちゃか、ちゃかちゃか、ちゃんかちゃんか、じゃーん」という Ununtu の起動音がいきなり出たんですよね。大したもんです。

さて、上部パネルに「アップデート」のお知らせと共に、「制限ドライバ」うんぬんが表示されていまして、先日接続した GeForce のグラフィックボードが認識されているみたいです。インストールしたら再起動を促されます。

取りあえず100個以上あるアップデートをインストールします。

その後週アスに従って各種コーデックを入れようとしたら「この機種では使えない」云々のメッセージ。

おかしい。そんなわけはない。

この記事を書いている人は「Viva! Ubuntu」なるブログを綴っているとか。アクセスしてみると、こんな記事が。

8月4日「アプリケーションのダウンロード&インストールのエラーへの対応
「日本のサーバに不具合があるようで」だとのこと。なんとタイムリーなんでしょう。

Synapticの「設定(S)」-「リポジトリ(R)」を開き、「ダウンロード元」で「最適なサーバを探す」をポチリ。これで良いみたい。

ふたたびコーデックをインストールすると無事終了。再起動。

ついでにCCSMをインストールしてCompiz Fusion の3Dデスクトップ環境の設定。

Compiz すごいです! ウィンドウを移動するとぶるぶると揺れる、「Windows キー」+「Tab」での切り替えは横に並んだのが切り替わったり、仮想デスクトップの切り替えはくるっと回ったりキューブになったり。

文字ではうまく伝えられないですね! こんなやつなんですけど。
http://www.compiz.org/Home/Screenshots
http://ja.wikipedia.org/wiki/Compiz

操作の時の画面なのでうまく撮影できないのと、動画じゃないとイメージが伝わらないので難しいですねぇ。

一応↓がデモムービーらしいんですけど
http://people.freedesktop.org/~davidr/xgl-demo1.xvid.avi

コーデックが云々で Windows では再生できませんでした。

これをさらさらと使いこなしてプレゼンやったらかっこいいだろうナァなんて思いました。

Ubuntu のインストールもカンタンだったと言うことで御報告まで。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポチッとサーバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24942884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック