2008年10月17日

第32回 図解表現2

前回の続き

最初に小テスト(5分+配布・回収)

・順番を適切に入れ替える
・レベルを変更し、上位レベル・下位レベルに構造を作っていく
・一つ一つの要素を適切なサイズで切り取り、新規ページに貼り付ける
・すると貼り付けたものがレベルを保ちながら一つのテキストボックスになる
・すべての要素をテキストボックスにしていく
・各ボックスの配置を考え、「図形の調整」−「オートシェイプの変更」で形を変えたり、背景色を変える
・要素どうしの関係を→などで示していく
・この時間いっぱいで完成させる


評価のポイントは情報が構造化され、適切に表現されているか。
例えば操作手順について時系列になっているか、注意事項は傍らに置いてあるか、過剰に華美にならず区別や強調として配色ができているかなど。

なかなか面白い作品ができました。

文章を図解化するということについては分かりにくいかも知れないので、いずれ別項を立てて詳しく書きたいと思います。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 授業2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25171106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「坊っちゃん」を図解する
Excerpt: 以前「いずれ別項を立てて詳しく書きたいと思います。」と書いてからずいぶん時間が経ってしまいました(第32回 図解表現2)。 自分ごときが図解の解説などおこがましいのですが、こんな風にやってみたという..
Weblog: 情報科雑感
Tracked: 2009-01-31 19:20