2009年01月30日

PCカードのUSB

Image111.jpg前回の日記では何となく Acronis Disk Director だけを悪者にしてしまったかなぁと思うのでちょっとフォローを。

実はうちの CF-W2 は4年以上使っている年期ものでして、最近 USB のコネクタ部分が接触不良を起こしているんですね。ちょっと触れただけでもブツンと切断してしまう。いや触れてもいないのに切れたりするんです。

それなのに、そこに外付けHDD なぞをつないでいるものですから、ちょっとしたことで「ガッ。ヒューン」という音と共に瞬断。「〜データが失われました」というメッセージが出ることもしばしば。

そんな状態ですから、処理中にぶった切れてもおかしくなく、自業自得なところがあるんです。っていうかそんな状態で大事な作業するなよ、ですね。

それが元かどうかわかりませんが、外付け DVDマルチドライブも全く起動しなくなってしまいました(つまり壊れた)。


さて、遅きに失したのですがそれでも USB をそのままにするわけにはいきません。

そこで物としては古い技術になるのかも知れませんが、CF-W2 でまったく使っていない PCカードスロットを活用することにしました。それが

玄人指向の
USB2.0N-CB

という製品。CardBus に対応していて、USB2.0 のコネクタ2つを生み出すものです。Amazonプライムで1700円でした。

やることは何もなく、ただ刺せば Windows XP がドライバを勝手にインストールして終わりです。

後は今までの USB HUB をこちらに繋げば、機器を再び認識してインストールが始まり、今までどおりの環境になります。

外付けドライブのドライブ名も変わりません。

今までヒヤヒヤしながら(時には訳も知らない子供を怒鳴ったりして)PC に向かっていたのが嘘のようです。

今までのコネクタも一応生きていますから、無線マウスの受信機を繋いでいます。

なかなか必要な方は少ないかも知れませんが、こんなやり方もあるよということで。
posted by n_shimizu at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26102447
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック