2009年01月31日

「坊っちゃん」の冒頭を図解する

以前「いずれ別項を立てて詳しく書きたいと思います。」と書いてからずいぶん時間が経ってしまいました(第32回 図解表現2)。

自分ごときが図解の解説などおこがましいのですが、こんな風にやってみたという程度で読んでいただけたらと思います。

まず授業では情報Aの教科書を用いたのですが、ブログ上では著作権の問題がありそのままでアップすることはできません。そこで著作権の切れている夏目漱石の「坊っちゃん」の冒頭部分をパワーポイントを使って図解してみようと思います。

とても有名な文章です。
 親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

この文章を図解していきます。

パワポにテキストとして貼り付けます。
図解坊っちゃん02

続いて、テキストボックス全体を選択、「箇条書き」ボタンで箇条書きにし、意味の切れる要素ごとの箇条書きにします。
図解坊っちゃん03

新しいスライドを作成します。そこに先ほど箇条書きにしたものを一項目ずつコピー&ペーストします。貼り付けると一つずつ独立したテキストボックスになりますのでその時「線の色」を付けておくと四角の枠が付きます。
図解坊っちゃん05

大まかに構造を考えながら配置を考えます。
図解坊っちゃん06

さらに配置を考えつつ、色を塗ります。これは視覚的に区別や強調を考えながら行います。また各テキストボックスのサイズ関係なども考えます。最初は少し小さめでやるほうが動かしやすいようです。
図解坊っちゃん10

「図形の調整」−「オートシェイプの変更」を使って、関係性を示すためにテキストボックスの形を矢印にしたり、丸みを帯びた四角にしたりします。この時新たに→などの図形を加えてもいいと思います。
図解坊っちゃん11

大きさを整えたり、対立関係やシンメトリーの関係などが分かる矢印を加えたり、括れるものは大きな枠で括ったりして完成させます。
図解坊っちゃん13

最後にここまでの流れをアニメーションGIFにしてみました。したの画像をクリックして拡大表示させて見てください。
図解坊っちゃんアニメ

以上です。図解表現の授業では別な文章を元にこのようなことを行いました。

図解に関しては

図解でポン

のサイトが分かりやすいと思います。
posted by n_shimizu at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記2
この記事へのコメント
この授業すごいですね。私も勉強して来年度までに間に合わせます。
 大変勉強になりました。
Posted by yori at 2009年02月06日 11:23
とても面白いですよ。

図解についてはまだまだ僕も学ばなければならないと思っていますが、やってみると生徒が文章をどのように理解しているかがよく分かります。

つまり、ここで問われるのは文章を正しく理解して構造化できるか、ということであり、かなりの部分は「読解力」と言えます。

ひとつ注意がありまして、元になる文章はやはり構造化しやすいものを選ばないと苦労してしまいます。夏目漱石は分かり易い文章でしたが、マニュアルの一部のような説明的なものが構造化しやすいと思います。
Posted by n_shimizu at 2009年02月06日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26129088
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック