2008年11月27日

第40回 総合実習「情報と社会」3

前回までのおさらい(8分)
* ラベル付けと分離不可項目の解説
 o 「どうしても不可分なものはレベル下げをして中に入れる」
 o 生徒の選択課題に入っていない「著作権」を元に、著作権の対象物は一つずつ要素にしつつも分けると意味をなさないので「レベル下げ」を行う

作業開始(12分)

階層的な情報の構造化(10分)

* 意味的に近いものをドラッグして並べていく
* ある程度まとまったらレベルをぶら下げていく
* KJ法と同様に似たものをグループに
* 複数の項目をまとめる大きな項目ラベルを付ける
* 深くなって構わないので、下げて構造化していく
* 後で最終的な調整をして、レベル1のラベルは4〜5つぐらいにしていく

作業再開

途中の注意
「いろいろな文章から集めたので、段落が細切れになり、文と文のつながり、言葉尻などが変になっていますが、そのままにしていて結構です。地の文は使いません。後で項目(ラベル)に出したものをまとめていきます。」

今後の見通し(最後3分)
最終的に、
* レベル1 4項目〜6項目つぐらい
 o 同じレベルを見たとき、内容のレベルが揃っているか
 o 項目名を先に出して、それに見合うものを集めるとただの分類になってしまう
   →KJ法で禁止していることと同じ
* レベル1で一つのスライド。レベル3以降は話す内容になる
* 次回はその中身の作成になっていく

以上で授業終了です。

目指すアウトラインは以下の画像のような構造です。
アウトライン完成.gif

総合実習「情報と社会」授業計画
第38回 総合実習「情報と社会」1(テーマ決定)
第39回 総合実習「情報と社会」2(アウトライン機能による情報の構造化)
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 授業2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29350292
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

第41回 総合実習「情報と社会」4(アウトライン完成?)
Excerpt: 授業評価実施(5分) 諸注意(1分) 「構造ができている人、まだもう少しキーワードを出した方がいい人がいます。」 「まず似ているものを近づけるのが先」 「地の文を整理する必要なし」 作業開始(15..
Weblog: 情報科雑感
Tracked: 2009-05-26 22:44

第42回 総合実習「情報と社会」5(アウトライン完成!)
Excerpt: 今後の見通しと構造化について(20分) * 今日この授業中に完成した形にする * 年内このシリーズは終わり。年明け発表準備&発表する * アウトラインで構造全体を把握する * 「東大合格生のノートはか..
Weblog: 情報科雑感
Tracked: 2009-05-26 22:48