2006年06月29日

授業評価システムが一応完成

データベースを勉強して、授業評価システムを作っていました。一応完成しました。

表紙はこんな感じです。
授業評価システム表紙

東京都は「生徒による授業評価」というものを実施しており、年に複数回、受講している授業について生徒が評価をすることになっています。

普通の学校は、例えば質問項目が印刷された紙に受講講座名と評価を書き、回収されたものを講座ごとに短冊状に細かく切り、各先生ごとに分けて渡すのでしょうか。前任校ではそうしていました。

本校の昨年度のやり方はマークシートでした。ちょっとした規模の学校はマークシートを使うのでしょうか。3桁の講座のコード、教員コード、質問の答えをマークして回収。コンピュータ処理をする方法です。

昨年度もこのまとめをする担当をしました。実はこのマークシート方式も楽ではないのです。まず、マークがきちんとされていないのです。読み込みに多数のエラーが出ます。またマークミスがあります。情報の教員なのに家庭科を教えていたり(1ずれた数ですね)、あり得ない解答番号をマークしていたり……。

処理も大変です。1000人分のマークシートを読み込むだけで、実は数時間かけます。読み込んだデータは「0,1,1,0,0,0,1,1,……」とマークされた部分が「0」と「1」が並んでいるだけなので、それを意味のあるものに加工・整形しなければなりません。その上で、教科・科目・担当教員ごとにソートして切り分ける等の作業があります。昨年度はおかげで ExcelVBA の勉強をすることができました。

さて、本年、学籍システムが新しくなり、無事動いていますが、その元データとはまさに、各生徒が何の講座を受講しているのか、というものです。それを利用すれば、生徒が決まれば受講している講座を確定して表示させるシステムを作れるではないか、というのが今回授業評価システムを作ろうと思ったきっかけです。

なぜシステムなのかというと、本校は単位制、3年生ともなれば選択している科目がバラバラで、システム側で表示させないと対応しきれないからです。

ずいぶん前からそれを実現する一番よい方法を考えていました。ちょっとVBAを作り込んだエクセルのファイルを配布して入力してもらう方法も考えました。しかし、DB + Web でないといろいろ問題がある(これはこれで問題があります)ことがわかりました。

それでは、IIS + ASP(またはASP.NET) + SQL Server でいくのか、Apache + PHP + MySQL でいくのか絞られます。両方ターゲットにしばらく勉強していました。まず、ASP は無くなりました。なぜなら、生徒がアクセスできるサーバに、ASP + SQL Server の環境がなかったからです。有償のソフトウェアなので予算がありません。次に、ASP.NET + SQL Server Express Edition は無償で入手できますが、いかんせん、クラスを作ってどうのこうのが理解できません。いえ、それ以上に本屋さんに資料が無さ過ぎました。勉強することができないのです。

そこで、Apache + PHP + MySQL で行こうと決めました。以前から勉強していたこともあり、なんとかいけそうだ、という感触を持っていたからです。

勉強・研究にずいぶん時間がかかりました。最後の方の開発はほとんど睡眠時間を取らずに完成させました。今のところ問題なく稼働しています。技術的なことはまた項を改めて書きたいと思います。
posted by n_shimizu at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業評価
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/917917
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック