2009年03月31日

ブログを引っ越します

墨田川高校から小金井北高校に異動となりました。

アドレスが、

http://sumidagawa.sblo.jp/

ではおかしいので、変更です。新しいアドレスは、

http://joho-ns.sblo.jp/

です。

このブログはもう少しだけ記事をアップするかも知れません。その後は更新を止めますが、消しませんのでご安心を。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年2月分アップ完了

posted by n_shimizu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2008年12月分アップ完了

前回の記事からわずか10分後に1ヶ月分をアップ!……うそです。本当はこの記事を書いているのが6月なので前回(本当は5月の終わり)から更に10日近く過ぎています。

ようやく2008年をしめることができました。

12月は授業をいろいろやってはいたのですが、進度調整の意味もあり、各クラスバラバラな内容になっていまして、ドリトルやロボチャート、ドリトル2など単発物が多かったですね。

行事としては全クラス授業を見ている2年生の修学旅行に引率に行ったこと。自分としては生まれて初めての沖縄でした。ただ、あまり詳しく書くのはどうかということも考えて、最初の日と最後の日の記録に止めました。

冬休みに入り怒濤のブログ記事アップを開始していますね。

もともとリアルタイムに9個の記事に10個を加え、12月は19記事となりました。

eBoostr 2 PRO を導入してみた2
2008年8月分アップ完了
3チャンネルだけ映らない
ケータイとPC、見る人と発信する人
2008年7月分アップ完了
「Sambaサーバ構築、5つのべからず:2008年版」の衝撃
eBoostr 2 PRO を導入してみた
さくらのレンタルサーバに Movable Type 4 をインストールして携帯からアップ
DekiWikiというものがあるみたいで
任意のフォルダでスライドショー
ドリトルパート2
そーきそば。そして東京へ
東シナ海とsoftbank携帯
首里城です
ドリトルとアンプラグド
ロボチャート
幼稚園発表会でした
日経ネットワークキャンペーン
第42回 総合実習「情報と社会」5(アウトライン完成!)
posted by n_shimizu at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

今日は北千住

本日は仕事的には休暇。でも合宿に一緒に行った軟式野球部の試合を見に北千住に来ています。

なかなか古い町なのでいろいろあります。

絵馬屋さんと向かいの「横山家」
北千住01.jpg北千住02.jpg北千住03.jpg

かどやのやりかけだんご
北千住04.jpg

槍を掛けたまま食らいついたという。

外はカリっと焼きたて。中はふんわり。おいしゅうございました。
北千住05.jpg

なんか写真が特撮っぽいですね。1本90円也。

いたるところにある「名倉」の本院です。今は表の近代的な建物で診察しています。
北千住06.jpg

ここがどかなかったため荒川の流れを変えたという逸話は有名です。

旧街道沿いは古い建物や倉などがそこかしこにあります。壁面がトタンでみすぼらしいんですけど。
北千住07.jpg北千住08.jpg北千住09.jpg

北千住に来たのは、夏に一緒に合宿に行った軟式野球部が荒川グラウンドで試合なんですね。一応地区決勝。
北千住10.jpg

5-0で勝ちました。
北千住11.jpg

帰りに甘納豆屋へ。店構えは新しくなりましたが創業60年です。
北千住12.jpg

店に入ると奥から豆を煮る香りがふわぁっとしてきます。製造元がホントで店はほとんど飾りなんですよね。

一つ210円。迷って全部買いました。
北千住13.jpg

なんで千住なのに「大塚製菓」なんだろうと思ったら、社長が大塚さんなんですね。

楽しい一日を過ごしました。
posted by n_shimizu at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月26日

やっぱり最後に食べておかないと

「味の横綱」のタンメン大盛り。です。
味の横綱.jpg

今日は調子よく、最後まで美味しくいただけました。

おじさんのトークも絶好調でした(笑)。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

購入!

即行購入です(笑)。

NTT-X にて。

==【配送内容1】====================
[1]Express5800/110Ge(C/1.80G(512)-80) NP8100-1447YP2Y (NEC)
商品コード: P812524391
販売価格 : 10,800円
(クーポン4,000円分適用済)
数量   : 1個


送料等: 400円
送料無料: -400円
――――――――――――――
合 計: 10,800円
(うち消費税: 514円)


ドスパラにて

(1) シリコンパワー DDR2 SDRAM PC2-6400 2GBx2 (SP004GBLRU800S22) \3,280 2 \6,560
小計:\6,560
梱包送料:\788
保険料:\0
合計:\7,348 (内消費税 \349)


振込手数料込みでも2万円。メモリは(2GB×2)×2=8GB。今回はnon ECCです。
↓ここに
http://wiki.nothing.sh/page/NEC%20Express5800%A1%BF110Ge

非公式だが可とあったのでどーんと。Ubuntu の可能性を信じて、32bit でも8GBいけるのではないかと。
posted by n_shimizu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月25日

修了式&離任式終了

結局何を言うか決まらないまま今日を迎えました。何を言おうかなぁ。自分が泣いちゃうのではないかと(笑)思っていましたが、意外とちゃんと言えたのではないかと思います。

ここのところ、なんの疑いもなく来年のことを言ってくる2年生には胸が痛み、壇上に登ってもまともに2年生側を見られなかったのですが、いよいよ挨拶になったらちゃんと隅々まで見ることができました。

4年で異動というのは自分の中では短いと思っていますが、もっと短い期間で動かされている方がいらっしゃることを考えると贅沢ですよね。

でも一つの学校で担任を一度も持たないのは自分の主義に反するなぁというところで、もやもやしたものが無いと言えばウソになります。

朝、大掃除は分担区域がないので修了式の放送準備。1年放送委員2名にも声かけして始まるまでにやってくる。

離任式になる直前「ちょっとよろしく」と言って下に降り、2年生横の椅子に座る。

最初は気が付かなかったけど、途中で目の前の生徒が気が付き始め、「なんで〜」みたいに言われる。

壇上では最初かなり緊張しました。情報は教科順なら最後だろうとたかをくくっていたら、退職者→異動者年齢順?→産休代替、みたいな並び。しかもいないかたもいて真ん中近く。


・4年は短いけど濃密だった
・パソコン部も野球部も中途半端でスマン
・墨田川の生徒はすごいぞ。情報の最後の発表でわかった。もっとチャレンジして欲しい
・2年生は特に遠足も修学旅行も行けた。仲良くしてくれてありがとう。
・また行事等で遊びに来るかも。そんときはよろしく
・教育の価値は1年後、3年後、10年後に君達がどういう姿になっているかで決まる。ぜひ立派な、しあわせな姿になっていて欲しい

そんな話をしました。静かに聞いてくれました。

式が終わり、準備室に帰るといつの間にか野球部が色紙を作って持ってきてくれた。うれしいものです。でも用意が良すぎ。ばれてた?

生徒が気軽に入ってこられる情報科準備室の片付けをあまりさっさとやってはいけないなどと言い訳をしてまるで何もしていなかったので、午後はガンガンと片付けをしたいところ。

立つ鳥跡を濁さず、となるようにしないといけませんね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月22日

FreeStyle Wiki のバージョンアップ

いつの間にか(昨年の12月)にFreeStyle Wiki が、3.6.3 にバージョンアップしていました。
http://fswiki.org/

セキュリティ問題が修正されていることに加え、添付ファイルの上書きをユーザもしくは管理者のみに制限できるようになっていたり、訪問者がユーザ登録を行うことができるようになったり、出力するHTMLを修正し、tDiaryのテーマとの互換性を向上させていたり(詳細不明)と結構重要なバージョンアップですね。と。

http://sourceforge.jp/projects/fswiki/downloads/36553/wiki3_6_3_1.zip

からダウンロードしてやってみることにしました。

自分が書いている「FreeStyleWiki 入門」の記述(というか公式サイトからの引用)
http://koitaro.fswiki.com/wiki/FreeStyleWiki+%C6%FE%CC%E78#p15

を元にやってみようとしましたが、……できない。というかこの記述じゃわからん! 「……以外を削除」という表記も分かりにくいし、大体それでは不都合があります。

文字コード順に直して記述を書き換えると、

setup.datファイル
backupディレクトリ
configディレクトリ
dataディレクトリ
pdfディレクトリ
logディレクトリ

以外のファイルおよびディレクトリをいったん削除し、

ということになりますが、

attach (添付ファイルの実データ)も残す
plugin、theme、tmpl は自分で入れているものがあるので消さずに上書き

にしないといけない。従って、次のようにやりました。

まず全体を丸ごとバックアップ。普通にFTPダウンロードしてはなはだ後悔。5000以上370MB近くのファイルはとんでもなく時間がかかる。

削除するディレクトリとして「lib」は一端「lib_bak」と名前に変更。

lib、plugin、theme、tmplディレクトリおよびwiki.cgi をアップロード。FFTPにて日付が新しかったら上書き設定で。

data ディレクトリ内の「FrontPage」以外のhelpファイルも上書きアップロード。

setup.dat ファイルは中身を点検して(結局フォーマット変更はなし。こちらで若干の設定変更を新しいファイルに書き込み)、前のファイルをバックアップした後アップロード。

以上でバージョンアップができました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月19日

国語力とプログラミング力の関係

第4回 国語力とプログラミング力の関係 解説編」という面白い記事がありました。抜粋します。

ソフトウェア開発は、言葉との結び付きが強い


どんな製品を「つくる」にしても、最初期の段階では何らかの形で文章にした企画書を書かなければならない。当然のことながら文章力が要求される。ソフトウェアはその最たるものである。ましてや、その後の要求仕様、詳細設計、コーディング、使用説明書、いずれにおいても文章力、というより、言葉力が必要とされる。


工業的生産物ではないが、法律は人間社会の仕組みを制御するための、一種のソフトウェアである、とわたしは考えている。法律を「書く」のに言葉力が関係しないと思う人はめったにいまい。


日本の学校教育における国語の授業では、情報を正確に伝えるという言葉の重要な側面が少なからず捨象されている。


あなたは、たった1つの短い文を正しく書けるか?


小さなプログラムを正しい作法で書けるかどうかと、たった1つの短い文を正しく書けるかどうかとは同根の問題と思われる。それどころか、ファイル名、モジュール名、手続き名、変数名の良い付け方にすら言葉力が大きくかかわる。


例として、

「今年10月からの新入社員の中間研修会参加は任意とします。」と
「新入社員の今年10月からの中間研修会参加は任意とします。」では、

新入社員が4月に入るという常識を前提にすれば上でもよいが、10月にも新入社員が入る可能性があるのであれば下の表現(語順)でなければならないとする。


ループの中で不変な値を、繰り返しごとに毎回計算し直すようなプログラムを書くと、プログラムを読むための解釈エネルギーのみならず、「計算エネルギー」も多く消費してしまう。文章でもプログラムでも無駄を排除することが必要である。


そして、

日本語は“抜け”が多い言語


とし、

日本語では気にならない記述の省略が、英語にすると情報の欠如になることがある。つまり、異なる意味や構造を持つ2つの言語で同じことを書くと相補的に文章の正確さを高めることができるということだ。ソフトウェア開発の各段階で、コーディング言語以外にいろいろな言語を使うことの意義はそこにある。


最後に、

良いプログラムを書く力と、良い文章を書く力の共通の根源には言葉力があり、この両者には強い相関関係がある、とわたしは考えている。これまでたくさんの研究者や学生と付き合ってきた経験に基づくと、あえて1.0とはいわないが低くない相関係数がはじき出されるだろう。良い文章を書く練習をすれば(その前に他人の文章を構造批判的に読む)、きっと良いプログラムを書く練習にもなっている(その前に他人のプログラムを構造批判的に読む)というのがわたしが強く信じている仮説である。


と結んでいる。

東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻教授の竹内郁雄氏の文章です。

情報の肝かなと思います。

「コンピュータを正しく使う」とは人間の頭の中にある論理構造やデータ構造を正しくコンピュータにトレースすることができることに外ならないと思うからです。

引用ばかりで自分の文章が少ないダメな記事ですね(笑)。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月18日

学籍と採点集計と学籍と……

年度末。

教科としていろんなデータを集計して明日の点表提出に間に合わせようとするわけですが、情報科二人で話し合っている最中もガンガンとイベントが発生して割り込みが入ります。

まぁたいてい学籍システムがらみで、

出欠のトータルが合わない(管理者の「集計」必要)
前期分を訂正したい(前期は管理者しか直せない)
評価の入れ方(こちらの説明不足)

等です。

この時期はそうなることはわかっていたのですが、情報科準備室が職員室の奥という気軽に言える場所が、気軽な感じでHELP!となってしまっています。

ふだんはそれでいいんですが、こちらがパツンパツンしているときは正直キツイですね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月17日

「つみきのいえ」の絵

昨日購入した「つみきのいえ」のDVDを家族で鑑賞したのですが、娘が描きました。

娘が描いた「つみきのいえ」.jpg
ゆきこ(娘・6才)画。

感じ出ていますかね。

「一番下は最初の家。一番上は後から作ったやつ」と何かちゃんと解説していました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月16日

つみきのいえ

どうしても見たくなりました。でもまだ TSUTAYA でレンタルは始まってないんですね。

なので AMAZON で買ってしまいました。

じんわりと感動します。いろいろほんと、考えさせられました。続きを読む
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記2

2009年03月13日

都営浅草線には「橋」が多い

本所吾妻橋
浅草橋
東日本橋
日本橋
新橋

17駅中5つが「橋」なんだなぁと改めて思いました。
都営浅草線の「橋」.jpg
走っているのが東京湾ぎりぎりの地下なので川が昔はたくさんあったし、今もある。

大門を過ぎて内陸にカーブしたらいきなり「高輪台」などと「台地」になるのがまた面白い。

内陸を考えると、「橋」がそんなに多くの地名になることはないように思います。

それは川幅が広くなかったり(橋が小さいので地名になるほど目立たない)、人口が余りいなくて、橋をかけずに渡し舟で済ませていたのでしょうか。

地名って考えると面白いですね。
posted by n_shimizu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月12日

フォントついでにXPでのメイリオが汚い件

フォントの話のついでに。

ポチッとサーバがVistaで標準がメイリオというフォントになっているので、元々もっていたレッツノートのXPも合わせてしまおうと入れました。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/jp_font/default.mspx

そしたら! Firefox で livedoor ニュースなどを読んでいると汚いのですね。表示が。IEならいいんですけど。

メイリオ 汚い」と検索をかけたら、実は設定の問題でした。「cleartype」というアンチエイリアシングを有効にしないとダメなんだそうです。

1.画面のプロパティ
2.[デザイン]を選択
3.[効果]を選択
4.『次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする』というのにチェック
5.cleartypeを選択

できれいになるそうです。Vista 自身はもともと cleartype がデフォルトなので大丈夫だということです。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

フォントのお話

最近妻がフォントに凝り始めています。

DVD-R(やCD-R)のラベルを印刷できるプリンタを購入したんです。DVDの表面に今までは専用のマジックでコキュコキュ書いていたわけですが、プリンタで書けるようになった、と。

最初は普通にMS明朝やMSゴシック程度でラベル用ソフトを使っていました。しかしやがて「雰囲気に合わせた文字にしたい」というようになったのです。

もともといくつかのフォントを入れていたし、年賀状ソフトを入れたときにそれなりのものも入っていまして、ある程度選べます。

どの名前がどんな形か見ただけで判るようにならないかと言われ、ワード(または一太郎)を立ち上げてフォントタブを開くと名前がそのフォントで表示されるよ、と教えました。

ついでに「Shampolyon」というフォントビューアソフトをインストールしてデスクトップにアイコンを置いて使い方を教えました。いろいろと工夫してやるようになりました。

最近幼稚園の先生にメッセージを作ることになり(妻は役員をやっています)、「もっとカワイイのはないのか」と言われました。

漢字が使える日本語フォント 無料ダウンロード 46種類 : 4GALAXYのメモ

というページからいろいろ探しました。

「えれがんと」という大正ロマン風フォントを気に入りまして、

http://www.type-labo.jp/

というサイト(要会員登録)からダウンロード。「えれがんと」の無料お試し版は清音のみなのでフォント選択の際に「が」が表示されず「えれ んと」になってしまうのはご愛敬です。これをつかって画像のようにしていました。
フォントのお話.png
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月11日

今年の授業も終わってしまいましたね

墨田川高校2年生の君たちへ。

月曜日から第5回定期考査(学年末考査)。その後は行事と授業はもうありません(答案返却は除く)。

そして本日は情報Aのテストでした。みなさんできましたか?問題が配られたときのどよめきというか、叫び声のようなものを、実は廊下で聞いていました(笑)。でもよーく読んで考えれば、やったことばかりでそれほど難しくなかったのではないでしょうか?返却を楽しみにしていて下さい。

今年の「情報」は行事や総合と深く関わりながら進行するという、新たな試みをしてみました。授業の順番としてはなかなかあっちをやったりこっちをやったりと飛んでしまって難しい面もありましたが、ともすれば「仮想的な」状況設定の中で扱うようなことになりがちな(「シミュレーション」は試験に出ましたができたでしょうか?)ものを、実際の遠足や文化祭自体を題材に情報検索をしたり問題解決・プロジェクト学習をやっていきました。実践の中から学ぶのは良いことだったのではないでしょうか。

相棒のM先生と二人でたくさんディスカッションをして授業案を練りに練ってきました。それが夜の8時、9時となってしまうことなどざらでした。練りすぎて詰め込みすぎたり、時には失敗することもあり、君たちに迷惑かけたところも、正直言ってあります。しかし、二人がかりでの濃密な授業の結果は、最後に全員で取り組んだ「情報と社会」の2分間プレゼンや総合の3分間プレゼンに現れていました。「私は墨田川高校で情報の授業をしっかり受けました」と胸を張って言うことができると思います。

最初の授業で、黒板に「犬」と書いて、この犬はあげることができないね、と言いました。これはある方に影響された内容なのですが、「抽象と具体」、そして「情報と物体(物質)」の違いということをこの一年間で感じることができればいいなと思ってした話です。どうですか?感じられましたか?

最後が発表でばたばたと終わり、あまり一年間を振り返ってのお話しをすることができなかったので、ここを見ている人はほとんどいないと思いますが、お話しさせていただきました。

情報社会の中で、確かな情報活用の実践力を身につけた君たちが活躍していくことを確信しています。
posted by n_shimizu at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記2

2009年03月10日

NEW弁当箱

うちの妻はこういうギミックな感じが好きみたいで(そう言えば京都の二条陣屋大好きです)、ネットで見つけたそうです。
NEW弁当箱01.jpgNEW弁当箱02.jpgNEW弁当箱03.jpg

鞄の5cm 幅に縦に入るというのが売り。

確かにコンパクトで、今までの弁当箱のように横にして鞄に入れることで、おかずのオツユがだらーっと垂れないのがいいです。

ただ今までの普通の弁当箱よりやはり容量が少ないかな。ご飯が特に。ダイエット・メタボ対策にはいいかと思い使い続けることにします。

#それでお菓子バリバリ食べていたらイミナイんですけど……。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2