2009年02月01日

日経ネットワークが薄い……

創刊から愛読している日経ネットワークですが、今月号が異様に薄い!2年前の2月号と並べてみましたがその薄さが解ると思います。
日経NETWORK薄い01.jpg

理由は広告索引を見れば一目瞭然。これだけしか広告が載っていないんです。
日経NETWORK薄い02.jpg

3月決算を控え、企業が抑えられる出費を抑えた結果なのでしょうか。

1年分の購読料で2年分届けますキャンペーンはこれが原因かぁと思いました(先日振り込みました)。

雑誌の収入はものにもよりますが、読者からの売り上げと同じぐらい広告収入で稼いだりしますからね。購読数が安定していても広告が減れば大打撃でしょう。企業としては広告を出し続けているかどうかもバロメータになっていますから、いかに世の中大変か、分かりますね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月31日

「坊っちゃん」の冒頭を図解する

以前「いずれ別項を立てて詳しく書きたいと思います。」と書いてからずいぶん時間が経ってしまいました(第32回 図解表現2)。

自分ごときが図解の解説などおこがましいのですが、こんな風にやってみたという程度で読んでいただけたらと思います。

まず授業では情報Aの教科書を用いたのですが、ブログ上では著作権の問題がありそのままでアップすることはできません。そこで著作権の切れている夏目漱石の「坊っちゃん」の冒頭部分をパワーポイントを使って図解してみようと思います。

とても有名な文章です。
 親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

この文章を図解していきます。

続きを読む
posted by n_shimizu at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月30日

PCカードのUSB

Image111.jpg前回の日記では何となく Acronis Disk Director だけを悪者にしてしまったかなぁと思うのでちょっとフォローを。

実はうちの CF-W2 は4年以上使っている年期ものでして、最近 USB のコネクタ部分が接触不良を起こしているんですね。ちょっと触れただけでもブツンと切断してしまう。いや触れてもいないのに切れたりするんです。

それなのに、そこに外付けHDD なぞをつないでいるものですから、ちょっとしたことで「ガッ。ヒューン」という音と共に瞬断。「〜データが失われました」というメッセージが出ることもしばしば。

そんな状態ですから、処理中にぶった切れてもおかしくなく、自業自得なところがあるんです。っていうかそんな状態で大事な作業するなよ、ですね。

それが元かどうかわかりませんが、外付け DVDマルチドライブも全く起動しなくなってしまいました(つまり壊れた)。


さて、遅きに失したのですがそれでも USB をそのままにするわけにはいきません。

そこで物としては古い技術になるのかも知れませんが、CF-W2 でまったく使っていない PCカードスロットを活用することにしました。それが

玄人指向の
USB2.0N-CB

という製品。CardBus に対応していて、USB2.0 のコネクタ2つを生み出すものです。Amazonプライムで1700円でした。

やることは何もなく、ただ刺せば Windows XP がドライバを勝手にインストールして終わりです。

後は今までの USB HUB をこちらに繋げば、機器を再び認識してインストールが始まり、今までどおりの環境になります。

外付けドライブのドライブ名も変わりません。

今までヒヤヒヤしながら(時には訳も知らない子供を怒鳴ったりして)PC に向かっていたのが嘘のようです。

今までのコネクタも一応生きていますから、無線マウスの受信機を繋いでいます。

なかなか必要な方は少ないかも知れませんが、こんなやり方もあるよということで。
posted by n_shimizu at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

RSSリーダーを変えました

Headline-Reader を捨てました。

RSSリーダー Headline-Reader
http://www.infomaker.jp/headline/

を長年愛用してきました。シェアウェアなのですが、ちゃんとお金を払って使っていました。

が、

よくハングアップするのです。自宅の XP マシンを終了するときに、こいつを強制終了しないといけないことが多々あり困っていました(強制終了すると、未読のポイントがいっこ古いものになってしまう)。あ、もちろん我が家の環境では、ということです。何らかの常駐ソフトと相性が合わないなどが原因だと思います。

オンラインの RSSリーダーとしては、

livedoor Reader

を使っています。

Google リーダー

より使いやすいと思います。

livedoorという会社はいろいろすったもんだありましたが、技術的にはかなりレベルの高い会社だと思っています。hatena には届かないと思いますが。
posted by n_shimizu at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月29日

Windows XP のフォント変更しました

自宅で使っている Windows XP マシン。ようは Vista に合わせたフォントにしたということです。

最近は、PCに触れるのがほとんど学校になってしまったこと。学校では Vista マシンなのでそれに慣れてしまいました。

家に帰っても 19 inch ディスプレーにかなり小さい文字を表示しているので、なるべく読みやすい文字にしたくなってきたということがあります。

「KB927489」で検索すれば見つかります。これで「葛」の字が家でも「区カツ」ではなく「人カツ」になりました。

一応載せます。
Windows XP および Windows Server 2003 向けJIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージについて
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月19日

第49回 情報と社会6発表準備

解説
・次回発表。一人2分です。
・発表はランダム。
・発表の評価は3観点(論理構成、スライドの見やすさ、発表のわかりやすさ)
・相互評価をします。
・発表の次の次まで誰かわかるぐらい示します

 ・ パワポを開く(全員)
 ・ 印刷メニューの「資料」でプレビュー
 ・ 出席番号・氏名を必ず入れること
 ・ そのままで大丈夫な生徒は印刷
   プレビュー表示。6ページ1枚で印刷
 ・ ワードのファイルを開く(全員)
 ・ 1行目にクラス番号氏名を記入→上書き保存
 ・ ファイル名をつけて保存→「s8000発表原稿」
  o ワードに手直し必要な生徒は個別対応
 ・ 印刷して直しても良し、最後に印刷でも良し
   パワーポイントのファイルは今日提出した後は直せません。


開始30分

 ・ パワポ印刷できていない生徒はとにかく印刷

終了5分前

 ・ 発表原稿印刷していない生徒はとにかく印刷
 ・ パワポの提出
 ・ リハーサルの指示
最後提出フォルダに提出して終わり。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月18日

第48回 問題解決とプロジェクト

「情報と社会」シリーズの続きに行く前に、問題解決とプロジェクトについてしっかり講義をしました。

以下はスライドの中身とあるクラスの授業記録です。

○問題解決のステップ(13:17)
 ・ 問題把握
  o 問題の発見
  o 問題の分析
 ・ 解決行動
  o 解決策の提案(Plan)
  o 解決行動(Do)
  o 評価・検証(See)

○「問題」とは何か(13:21)
 ・ 目標または期待と、現実との間に差があること

 ・ 例えば・・・
  o 単語を覚える(目標) ←→まだ覚えててない(現実)
  o 十分な睡眠時間(期待)←→睡眠不足(現実)
  o 新しい服が欲しい(期待)←→お金がない(現実)

○問題把握(13:24)
 ・ 問題の発見、あるいは問題発生
  o 隠れていた問題が表面化した場合
  o 新たに問題が発生した(与えられた)場合

 ・ 問題の分析(問題の明確化)
  o 現状の把握と目標の明確化
  o 要素を分解し検討する
   + (例)「問題は睡眠不足」で終わらせるのではなく、さらに何で睡眠不足なのか、ゲームをやっていたのか勉強をやっていたのか、など明確にしていく。
  o 手段と目的を取り違えない
   + (例)「大学進学」は手段であり目的ではない。


○解決行動(13:28)
 ・ 解決策の作成(Plan)
  o 複数の解決策を作成し、優劣を比較して選択
  o 可能ならシミュレーションしてみる
   + 「単語を10回書きながら覚えたらどうか。2回ならどうか」
 ・ 解決策の実行(Do)
  o 条件が変化しない限りプラン通り実行する
  o 条件が変化した場合には計画を見直す

○解決行動2(13:31〜13:34までで一応問題解決)
 ・ 解決策と結果の評価(See)
  o 計画通り実行できたか
  o 新たな問題の発生はないか
   + 朝遅刻をする時の4コマ漫画の話

○Ozawa-ken Time(13:34〜13:39)

○プロジェクトとは何か(13:39)
 ・ ある期間内に、何らかの目的達成のために、計画を立てて実行されるもの。

 ・ プロジェクトの進め方
  o 目標の設定
  o 計画
  o 実施と調整
  o 評価・完了
   + (問題解決の一つの形)

○目標の設定(13:45)
 ・ プロジェクトの目的やゴールを定める
 ・ 具体的な成果物を明らかにする
 ・ 期間を設定する
 ・ 必要に応じて予算などの条件も明確にする

○計画(13:46)
 ・ 作業項目(タスク)のリストアップ
 ・ タスクの関係を明確化
  o クリティカルパス
   + (アローダイアグラム例)
  o ガントチャート
   + (ガントチャート例)
 ・ 役割分担
 ・ スケジュール調整
  o 見積もりとバッファ

○実施と調整(13:54)
 ・ 計画とのズレ
  o マイルストーン
  o 稲妻線
 ・ 突発事項への対処
  o バッファ

○評価・完了(13:57)
 ・ 成果物のとりまとめ
 ・ 成果の評価
 ・ 報告書の作成
 ・ 次のプロジェクトへ
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月15日

パーティションが丸ごとパー

HDDの切り方(パーティションの分け方)というのは最初に失敗すると後々不便なものです。自宅で使っているパナソニックLet's NOTE CF-W2 は以前大容量HDDに換装した時、その失敗パターンでやってしまいました。

システム用のCドライブとデータ用ドライブの後ろ半分ぐらいを未割当にして、さまざまな OS の実験用に取っておいたのです。

そこに Ubuntu を入れたりしたのですが、それだけで埋まる訳はありません。意外に他の OS を直接入れることはなく(ま、普通そうですね)、ポチッとサーバ上の仮想マシンで普通の用事(ちょっと試してみたい)はすべて済ませることができました。

最近、データ領域を増やしたいと思い、しかしドライブ名はこれ以上増やしたくないので、Ubuntu の領域を後ろにずらし、今あるデータ用パーティションをデータそのままに広げたい、と。

そこで Acronis Disk Director Suite 10.0 [Vista対応版] をダウンロード購入して使ってみました。

使ってみると呆気ないほど簡単(パーティションを後ろにずらすのはそれなりに時間はかかりますが)。

そこで終わっていれば良かったのですが、気をよくして、外付け HDD のアロケーションユニットサイズを 4KB から 64KB に変更してみることに。192GB もあると 3時間もかかるようで、寝ることにしました。

朝起きて確認すると「操作はエラーが発生し終了しました」というメッセージ。
AcronisDiskDirector_error

ぞーっとしてきました。

慌てて確認するもアクセスすることができません。いろいろなソフトウェアを試してみたけどダメでした。

泣く泣く再フォーマット(;_;)。

中に仕事のものはないんですけど、子供を撮影した動画でここにしか残してないものがあり、ちょっとがっかり。

こんな大事なことは飲んだ勢いでやってはいけませんね。という教訓でした。
posted by n_shimizu at 02:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記2

2009年01月14日

2008年10月分アップ完了

こつこつとまとめていましたが授業も始まり思うようにできなくなってきました。この3連休(土曜日は授業がありましたが)を利用して、えいやっとまとめました。

この月の見所は、KJ法的発想法の一連の授業ですね。実は11月に食い込んで発表するところまでアップしてあります。後は都高情研の研修会として「FreeStyle Wiki 研修」の講師をやったなかでも準備やその様子でしょうか。
それ以外にストーリー編集や図解化など、情報活用の実践力として面白い授業実践(自分で言うのも何ですが)が並んでいることでしょうか。

これで怒濤のアップはしばらくお休みになり、二ヶ月ちょいにまで追いついてきた現実とはまた引き離されてしまうことだと思いますが、日々の雑感はぽつりぽつりとアップするのでよろしくお願いします。授業実践等はしばらくお待ち下さい。

杉の木に付く水滴
第35回 KJ法的発想法2
またまたまた更に出張
さくらのブログの制限で失敗!
FSWiki研修会終了です
第34回 KJ法的発想法1
第33回 テーマを設定する
出張
FreeStyleWiki 研修やります!
第32回 図解表現2
またまた出張
FSWiki on Virtual PC
Firefox の右クリックメニューをカスタマイズ
W-ZERO3 の設定
第31回 構造化・図解表現1
KJ法的発想法の授業計画
ブログを量産
第30回 ストーリー編集&KJ法講評
まいったなぁ
PowerShellで下層ディレクトリまでファイルを探す
どっかんでした
posted by n_shimizu at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月07日

日経NETWORKと日経ソフトウェアの縮刷版

届きました。
届いた箱.jpg
届いた中身.jpg

注文していたものが来ていました。

日経ソフトウェア10年分
日経NETWORK8年分
縮刷版DVD-ROMです。

年末大掃除の時にエイヤッとかなりのバックナンバーを捨ててしまったのですね。まぁ理由は「置き場所が無いから」。所帯持ちはしかたないです。いずれはこういった形で買っておこうとは思っていたのですが意を決して購入。

日経NETWORKは読者割引なのでいいんですが、定価では 52800円もするんですね。ひぇ〜。読者割引で 12800円。
日経ソフトウェアは普通に 12800円。読者割引だと 9800円だったかな?

日経ソフトウェアは書店でも買えるのに対し、日経NETWORKは定期購読者が基本だからでしょうか?

それとも、ソフトウェアは日進月歩で3、4年前になるともう使い道が無いぐらい古くなるのに対し、ネットワークは古くてもある程度普遍性がある(価値がある)ということでしょうか。

まぁそれはそれとして、自分はこの投資は「土地代」だと思っています。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月06日

隅田川七福神

今日お昼ご飯を食べに出たらご年配の団体さんがぞろぞろ。

今日は隅田川七福神の何かの日らしく。
白髭神社.jpg
向島百花園.jpg

写真は白鬚神社と百花園。


百花園が何故「七福神」なのかというと、白鬚神社繋がりというだけです。白鬚神社自体も、まぁかなり強引な設定ですね。

http://members2.jcom.home.ne.jp/sirahige/
によると、

三囲神社(恵比寿・大國)
弘福寺(布袋尊)
長命寺(弁財天)
百花園(福禄寿)
白鬚神社(寿老神)
多聞寺(毘沙門天)

とのこと。

風物詩としてアップしてみました。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

「情報科」リンク追加

しばらくブログパーツ等はほったらかしだったのですが、えいやっと追加してみました。今までのほぼ2倍です。

正確には「情報科」ではない方もいらっしゃったり、最近更新されていない方などもいるなか、なぜこのサイトを今まで入れなかったのだろうというものまであります。

その中でも多いのはやはり東京。そして神奈川。

情報科はその性質上、他の教科よりもブログが多く、また作りやすいという利点があります。日々の授業をやりながら更新するのは大変ですが、他県の方ももっと情報発信してもらいたいですねぇ。

もっとも私のように後からまとめ書きというのはほんとに良くないんですけど、右のカテゴリ「授業2008」をクリックしていただけると今年の授業のアップ分がまとめて読めますのでよろしくお願いします。
posted by n_shimizu at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月05日

眼底検査

年明けに携帯画面などを見ていると時折視界中央に(つまり携帯画面の中あたりに)パッと黒いもやもやが映る時があり(目の血管?残像とも違う感じ)、気になったので眼医者に行ってきました。

ざっと見て問題ないが眼底検査なるものをしてみますがどうします?と。

しっかり調べてもらいたいのでやってもらうことに。

まず瞳孔を開く目薬を入れて30分待ち、刺激止めの麻酔の目薬を入れて検査に。目ん玉に直接レンズをぐりぐり当てながら眩しい光を当ててよく見るというもの。痛くはないんですがハードな感じ(笑)。

結果はまったくの正常なので一時的なものではないかとのこと。

瞳孔が元に戻るまでは5時間ぐらいかかるそうで帰り道はかなり眩しい&よく見えない状況でした。

画面を見ることが仕事の中心なので「目」は死活問題になりますね。気をつけないといけません。

そんな訳で年休にしていましたが遅れで出勤しました。もしこれが授業だったらムリですが。

そうそう、関係ありませんが、よく一般の方から「先生は夏休みとか冬休みとかあっていいですね」と言われます。ほぼ100%の方が、教員も休みだと思っているらしいのですが、全くそんなことはなく、御用納めから三が日を除いて普通に勤務日です。

ただ、授業がないので、年休を取って休みにすることが気軽にできるということもあり、また夏や冬に出張研修などを入れる人もあります。また一日部活動指導で体育館等に行ってしまい、校舎内は確かにがらんとしています。しかし、通常の勤務日であることは間違いないのです。

そして授業以外の仕事がかなりあるのです。ですから通常でもサービス残業をしているのです(教職公務員には残業代が一切つきません)。

そんな状況は理解してもらいたいです。
posted by n_shimizu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

FreeBSD とは懐かしい

FreeBSD を知ったのはいつの頃だろう。たぶん平成10年頃のような気がする。当時 NEC PC-98 シリーズ使いだったので、フリーで手に入る UNIX をインストールするマシンは NEC。したがって選択肢は FreeBSD(98) しか無かったんですよね。

あ、思い出してきた。当時使っていたのは PC-9821Xa7/C8W というもので、これで Windows95 を使い続け、使い終わった頃に入れたのだから98年頃。つまり平成10年頃。あってますね。はい。

Linux というものもあるらしいことは知っていましたけど、現在の流れであるPC-AT互換機(DOS/V機なんて言いましたね)でないとインストールできない(ただ、もうこのころの NEC は C-Bus も捨てて殆ど PC-AT 化されていたにもかかわらず相変わらず「新世界標準」などと言っていました。EPSON を認めなかったくせに)。

それで、当時イントラネットやインターネットサーバに興味が出てきまして、また八丈島という特殊な環境からそれが必要でもありました。 しかし、Webサーバやら mailサーバやら DNS やらルータやらといった機能を Windows機で行うのにはかなり難しく「やっぱり UNIX だよね」という声が聞こえてきて、UNIX とやらを勉強したいと思うようになったのです。

しかし、UNIX を勉強するには UNIX マシンが必要なのですが、UNIX マシンを手に入れるにはインストールが必要で、インストールには UNIX の知識が必要で勉強してないので分からず……という悪循環を繰り返していました。

「鍵は箱の中」状態ですね。

もともと「管理者とユーザが違う人」というイメージが湧かなかったのです。当時の DOS やら Windows はシングルユーザを基本として設計されていましたから。巷に出版されている「UNIX入門」系の本は、あくまでもユーザとしてシェルの使い方やメールの使い方、エディタの使い方などであって、ハードウェアを直接制御できるのはあくまでも管理者のみである UNIX。インストールや設定について書かれている本などほとんどない状態でした。管理者は大学などですでにある UNIX マシンで勉強するものだったのですね。

またインターネットには少し情報がありましたが、先ほどの「八丈島」はダイアルアップのみしかできない状況で、恐ろしく高額な接続料金と恐ろしく低速なデータ転送でしか閲覧できない状況でニッチな情報を探す気にもなれなかったのです(だから自前のサーバ環境が必要だったのですが)。

それでもどうにかこうにかインストールして、一つずつ試して勉強したのでした。廻りに聞く人もいないなかで、孤独を感じながらの学習でしたが、そうして勉強した知識は現在ものすごく役に立っています。

FreeBSD はそう言った意味で愛着はあるのですが、もうインストールして使うことは無い気がします。この仕事である限り。趣味でやるのは構わないのですが、必要に迫られることは無いでしょう。あ、さくらのレンタルサーバでは FreeBSD を使っていますので、今でも「使っている」のは変わりないのですが、管理者になることは無いでしょう。

クライアントとしてはどうでしょう。Ubuntu という素晴らしい Linux クライアントディストリビューションが出てしまいましたので、PC-UNIX を敢えて選ぶとしても Ubuntu でしょう。

なんで FreeBSD なんて突然言い始めたかというと、GIGAZINEの記事。

Yahoo!やライブドア、2ちゃんねるなどの大規模サイトで採用されている「FreeBSD」をインストールしてみた - GIGAZINE

という記事がアップされていたから。インストール画面が当時と現在で全く変わってないところが頑なですね。

まったく変わっていないところに郷愁を感じてしまったのです。

でも今さら「インストールしてみた」ってどうなんでしょう……。

続報をお待ちしております。
posted by n_shimizu at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月03日

メールの大掃除

とうか整理ですね。広告メール以外あまり捨ててないので。

年末の大掃除の時に、一緒に始めました。

普段はもっぱら Gmail化してしまい、Becky! の方は単なるバックアップになっています。eBoostr がなかなか効いて結構起動が速くなったので、ちょこちょこ立ち上げてはせっせと整理しました。

自動フォルダ分けがだんだん追いついて行かなくなっていて、2008年の状況に全く対応できていない状況です。ですから500通ぐらい受信フォルダに溜まってしまいました。

適切なフォルダを作って新たなフォルダ分けルールを作ってみたり、手動で分けたりしてようやくほぼ見通しが付いてきた感じです。

Becky! では基本的にツリー表示にしていて、Gmail で送受信したものの両方がダウンロードされた後は、お互いのやり取りがツリーになるのでこれはこれで便利です。

こういう作業をしていると、自分のメールに対するスタンスが変わっていることに気がつきます。自分との関係性をフォルダ分けすることがいかに困難かということ。そしてそれを感じつつも、情報化の波の中でどんどん処理していく中であまりゆっくり振り返らずに日々を過ごしていて、刹那的になっているのではないかという不安。そんなものもありました。

たまにはゆっくりメールフォルダを眺めなければいけないですね。
posted by n_shimizu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

Gmail添付ファイル容量

必要に迫られて、かなり大きいなファイル(12MB)を送らなければならなくなり、Gmailで送りました。

するっとそのまま送られました!

上限はどのくらいだろうとヘルプを見たら
添付ファイルの上限サイズはどのくらいですか。
Gmail で送信および受信できるメッセージの上限サイズは 20 MB です。ただし、メッセージの正確なサイズは添付ファイルによって異なります。

だそうです。世の中進みましたね。

相手側も Gmail で、「するっとダウンロードできた」とのことです。

おそらく Gmail の中にいる間は Base64 などのエンコードは行わず、バイナリーの状態になっているんでしょうね。一般のメールに送られるときは変換して送信するようにロジックを分けているのではないでしょうか。
posted by n_shimizu at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年01月01日

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

今年度は初めて2年生での情報ということで、いろいろ行事に絡めながらの授業構成をしてみました。相棒と二人懸命にやってきましたが、成功した部分もあり、失敗した部分もあり、最終的には3月に総括するとしても、いろいろ考える部分が多いですね。

4月からまた新たなチャレンジをするつもりです。もっと授業構成を練り直したりして、生徒達が常に全体のどの位置を学習しているのか分かるようにしていきたいですね。また評価の観点でも、年度当初に示していますが、途中途中でのリターンを多くして、どのぐらい頑張ればどうなるのかを分かるようにしていきたいです。ただ、実習は多岐にわたり、細かくなりすぎるきらいがあるのでバランスも難しいところです。

これらのことを実施するには、自分自身の(あらゆる)仕事に対し、更に計画性を高めないとついて行けないでしょう。それもまたチャレンジですね。

そんなわけで、今年もよろしくお願いします。
posted by n_shimizu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2008年12月30日

eBoostr 2 PRO を導入してみた2

前回の続きです。

その後 SDカードで class 6 を探すのは諦め(たいてい SDHC になってしまう)、USBメモリにしました。近所のディスカウントストアでReady Boost 対応の4GBが999円。安いものです。

さっそく取り付けすべてをキャッシュに割り当ててみました。

スピードはなんと「16181 KB/s」。まさしく桁違いですね。
eBoostr3

さて、導入した結果どうかというと、……いまいちよくわからないんですよね(^_^;

速くなったような気がする(特に起動時は)のですが、人間って遅くなったことはすぐに分かっても速くなったことはなかなか実感できないですから。

アプリの起動など速くなった気がすること以外では、例えば Firefox でファイルのダウンロードをしたとき、終了時にウィルスチェックが意外と待たされるのですが、それがかなり速くなったように感じます。ウィルス対策ソフトは一つ一つの動作で間に挟まるものでそれがキャッシュ上にあることで速くなるのでしょう。

快適であることは確かです。
posted by n_shimizu at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記2

2008年8月分アップ完了

「2008年7月分アップ完了」の記事からわずか3日。10個以上まとめました。冬期休業を利用した怒濤のアップです。

夏休みの8月は授業が全くありませんので、個人的な日記と合宿や各種研修会等。旅行に行ったときに休暇をいただいた以外は何かしらが入っているような状態で余り校内の仕事を片付けられなかったような気がします。

8月記事は以下の通り。


第2回 ICT活用指導力向上研修(その3)

電池パック無料サービスは申し込み制
ローカルにSNS
全国高等学校情報教育研究大会終了!
こんなところに来ています
第2回 ICT活用指導力向上研修(その2)
【ポチッとサーバ】Vista に XAMPP
KAGOYA の OpenPNE 不調→引っ越し
合宿引率5日目(最終日)
合宿引率4日目
合宿引率3日目
合宿引率2日目
合宿引率1日目
【ポチッとサーバ】に Ubuntu8.04
経緯度標
今日は停電

以上です。
posted by n_shimizu at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2