2006年08月23日

Symantec Ghost を使いました

9月の授業が始まる前に、一度ノートパソコンの中身をリセットしておこうと思いまして、7月に届いていたゴーストを使ってみました。

まず、マニュアルがほんの数ページしか無く、すべてCD-ROMの中のPDFを見なければなりません。そしてそれが同じようなことの繰り返しで何が書いてあるかさっぱり分かりません。

そこで、t_fukuhara先生のblogの記事を検索し、

Ghostサーバへイメージを吸い上げる方法
Ghostサーバからイメージを戻す方法

を見ながら全く真似してみたところ、すとんとできてしまいました。t_fukuharaさんありがとうございます
m(_ _)m

そうそう、戻すときに「DirectBroadCast」ではとんでもなく遅く、「MultiCast」はかなり早かったことを報告しようと思いましたが、同じt_fukuhara先生のblogの記事で

Ghostサーバからイメージを戻す方法(追加)

にその辺のこともすべて書いてありました。敬服いたしました。

さてやってみると色々出るもので、FDD が故障しているのが2台、どうしても途中でストップしてしまうもの1台ありました。

本当は、FD 起動ではなくネットワークブートをしてみようかと色々調べたのですが、Windows Server においては DHCPD、TFTPD、BpBatch というソフトが必要なようです。前2つは簡単ですが、最後のBpBatch はこちらのブログにもあるとおり、開発終了でもう手に入らないことがわかりました。Linux では PXELinux なるものがありできそうですがパス(せっかく研修をしたんですが)。Windows の RIS なる仕組みも使えそうもなく、結局断念しました(参考)。

かなりの無駄な努力でした。

おなじHDDイメージを流し込んだ後に個別の設定があり、結局バッチファイルは完成していなかったのですべて手動で行いました。

IPアドレスの設定、DNSの設定、コンピュータ名の変更、プロキシサーバの設定、ユーザレベルの変更、等々。

結局17時までかかってしまいました。
posted by n_shimizu at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 支援校PC

2005年12月05日

Microsoft Shared Computer Toolkit(SCT) for Windows XP

「設定変更は禁止、ダウンロードファイルは再起動で削除」:マイクロソフトの無償ツール

学校でよく使われる「瞬快」同様、パソコンの環境を復元することができる無償ソフトウェアです。

支援校PCに使えるかなぁと期待していましたが、タイトルの通り「Windows XP(SP2以上)限定」のようで残念です。

誰か使えるかどうか確かめてもらえませんか。

【追記】サイトはこちら。まだ表紙だけ日本語で英語版&英語解説のみ。
Microsoft Shared Computer Toolkit for Windows XP
posted by n_shimizu at 22:15| Comment(2) | TrackBack(4) | 支援校PC