2009年02月14日

8の字を描けるようになりました

幼稚園の年長です。4月から小学生です。
自転車練習02.jpg
本人が乗りたがっていたというのが一番ではあるんですが、友達もそろそろ乗れる子が増えてきているというのが一つ。

近所に子供がいない(子供の過疎化がすすんでいる)ので親が付いていくとしても、そろそろ大きくなってきたので、自分で運転させる必要があるだろうという意味もあります。

推薦入試と一次試験のはざまの、「忙中閑あり」の今に一気に教えてしまおうと。
posted by n_shimizu at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

ドリトルについて(その4)

ドリトルについて(その1)
ドリトルについて(その2)
ドリトルについて(その3)
の続きです。

ドリトルは、インタープリターですから、作っては試し、作っては試しとできるところが大きな特徴ですから、前回の回答編はそのようにしてみましょう。

まず、100ドットの正三角形の描き方について。

正三角形の一つの角は60度だから60としていすればいいんだ!
と思った方いると思います。次のように。

例1)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 60 右回り。」!3 繰り返す。


これを実行してみましょう。
ドリトル正三角形ならず

……三角形になりません。なぜでしょう?続きを読む
posted by n_shimizu at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリトル

2009年02月13日

今日も誰もいない

本日はマラソン大会です。

留守番なので誰もいない中でのお仕事です。
マラソン大会で人いない.jpg

予報では暖かいといっていましたがそうでもないですね。走るにはいいぐらいでしょうか。でも風がありますね。立ち番の先生方が一番心配ですね。荒川土手は寒いでしょうから。

墨田川に来て4年。一度もマラソン大会で生徒の走る姿を見ることがありません。合唱コンクールの参加は昨年の一度だけです。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

液晶ディスプレイをぽちり

ポチッとサーバ用。

アイ・オー・データ機器 ワイド液晶ディスプレイ 22型 WSXGA+(1680x1050) ブラック LCD-AD221XB 15980円
http://nttxstore.jp/_II_IO12069269?LID=mm&FMID=mm

Vista になって横幅が欲しくなったんです。ある方がワイドだったんです。ああ使いやすそうだなぁって(笑)。特にプログラミングを開発環境を使ってやるときなどは広い方が良いですし。

グラボもちゃんと表示してくれそうですし。

楽しみです♪
posted by n_shimizu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ポチッとサーバ

2009年02月12日

今日はICT活用指導力向上スタッフの出張

ICT機器に関して、今日、実際に入る実機を見ることができました。

我々スタッフの方が知っていることが多い半面、届いた現場の学校より知らないこともあったり。

まだ分からないのは、巨大なICT計画プロジェクトの船頭は、東京都の中でどこの部署で、どこまでやろうと考えているのか、など。現場の声どころか指導部の声すら届かないようなんです。縦割り行政の悲しさですね。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月11日

自転車練習

自転車練習.jpg
補助輪外して二日でここまでくるものですねぇ。

まだ発進とカーブがアヤシイですけど。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2

2009年02月10日

ドリトル作者兼宗さんが……

ドリトルの作者の一人である兼宗さんがカメ太の日記の中で、このブログにリンクを張ってくれました(ゆっくり歩くの改良版)。

掲示板の書き込みの反応なんですけど、反応早い早い。

ゆっくり歩くの改良版の中身についてはいずれまた。
posted by n_shimizu at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリトル

ドリトルについて(その3)

ドリトルについて(その1)
ドリトルについて(その2)
の続きです。

タートルオブジェクトには、「右回り」、「左回り」という命令があります。進行方向を回転させる命令です。

90 右回り


と指定することで、進行方向を右回り90度回転させることができます。

さて、「歩く」と「右回り」を使って一辺が100ドットの正方形を描いてみてください。




…。

できましたか? いくつか例を挙げて説明したいと思います。

例1)
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。


実行画面は以下の通りです。
ドリトル正方形

続きを読む
posted by n_shimizu at 18:03| Comment(0) | TrackBack(2) | ドリトル

ドリトルについて(その2)

前回(ドリトルについて(その1))の続きです。

タートルオブジェクトについてもう少し詳しく言うと、

タートルオブジェクトとは
*グラフィック関係のオブジェクトの一つ
*移動する時に軌跡の線を残し、絵を描くことができる
*描いた絵を切り離して図形にすることができる
*規定値として
 ○「作る」と原点(0,0)に現れる
 ○ペンあり。線の色は黒
 ○「歩く」方向はX軸正の方向
 ○亀の絵

などということが性質や規定値として決まっています。ほとんどが「そうだろう」と思うような自然な規定値になっています。単にイメージを掴むためだけの場合はそのようなことを意識する必要はないけど、ちゃんとプログラミングをしたい場合はそのように「決まっている」ということを知っておく必要があると思います。

特にタートルグラフィックスのオブジェクトだから名前が「タートル」で亀の絵になっているんですけど、ほとんどシャレに近い(だから「変身する」で花を表示させたときになぜ「タートル」から花になるのかといった疑問に繋がる生徒がいます)。

さて、「作る」はコピーで、名前を付けることができることは前回説明しました。次のようなプログラムを実行してみましょう。

かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。
かめこ=タートル!作る。
かめこ!100 戻る。


実行結果は次の通りです。
かめたとかめこ
続きを読む
posted by n_shimizu at 02:01| Comment(0) | TrackBack(3) | ドリトル

2009年02月08日

ドリトルについて(その1)

ドリトルが情報科仲間で流行りました。自分でもやってみてこれは面白いと思い12月の授業で実践しました。なかなか好評だったようです。

このブログで書くとネタバレになってしまうことになるので今まで書きませんでした。全クラスで一通り1時間はやったので書くことにします。

ドリトルとは学習用プログラミング言語の一種です。

JAVA上で動くので、JAVA 環境さえあれば基本的にどんなマシンでも動きます。オンライン版もあるのでブラウザ上で動かすこともできます。

特徴としては、学習用とはいってもオブジェクト指向言語であること。基本はタートルグラフィックスなので、結果がすぐに見えること(もちろんグラフィックを使わないプログラムも作れます)。日本語(日本文字?)を使っているのでイメージを掴みやすいこと。でしょうか。

こんな感じです。
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。


実行結果は次のようになります。
ドリトル実行画面


続きを読む
posted by n_shimizu at 22:55| Comment(0) | TrackBack(4) | ドリトル